簿記を独学で取得!初心者が最安・最短で2級を獲得する3ステップ

簿記は、”がむしゃらに勉強すれば合格する”という資格ではありません。

私の経験から、簿記は3つのステップで独学&安価で取得することができます!

初心者で数字が苦手だった私でも、日商簿記2級を独学で1発合格できた方法をお知らせします!



私は簿記とは無縁の保育士をしながら、日商簿記2級を完全に独学で1発合格しました。

その後税理士事務所に転職し、経理のスペシャリストとなりました。

簿記を独学で初心者が取得するための最安費用と最短期間

  • 費用
    電卓を購入するところから初めて、問題集等・検定代を含めて約1万5千円ほど。
  • 期間
    3~4ヶ月
私が簿記を取得したいと思った当時、通信教育や専門学校に行くお金と時間の余裕はありませんでした。

「何としても独学で!」と思って学習を始めたのですが、「先ずは3級から取得するべきだ」という先入観があったため、無駄に足踏みをして遠回りしてしまいました。

途中で無駄に気づき、すぐに2級の学習を始めて2か月程で合格することができました。

私の経験から、これが最短で初心者が独学で簿記(2級)を取得できる3ステップです!
  1. 簿記の基本を学習する
  2. 簿記2級の参考書で学習する
  3. 過去問題集を解く
3ステップを一つずつ解説していきます!

ちなみに…独学に向かない方もご紹介させて下さい

独学で資格取得に取り組む時に一番難しいのはモチベーションを保ち続ける事です。

たった一人で黙々と取り組んでいると、
「あれ?何のために自分はこんなに頑張っているんだ?ちょっとくらい手を抜いたって誰にも迷惑かけないし。」
という甘い声が囁く時が必ずあります。

そんな自分の心の声を一瞬にして斬る覚悟をしきれない場合は

例えばこんな方…
  • 自分の意思でTVを消せない。
  • 友人からの誘いを断れない。
  • 時間を決めて勉強に取り組んでいても途中で別の事が気になり、手を止めてしまう。
  • 「とりあえず〇〇をやってから勉強しよう」と勉強の優先順位を下げてしまう。etc…
通信教育や専門学校を利用するのも一つの手です。その際にかかる費用はこんな風に考えて下さい。
  • モチベーションを保つための場所代
  • 簿記を取得するまでのスケジュール管理をしてくれる人件費
この他にも費用を掛けることで生まれるメリットは多数あります。お金と時間に余裕のある方なら考えてみる価値はあります。



「お金も時間も余裕が無い!自分は気合を入れて簿記取得に向かって行動できる!」
という方、一緒に3ステップを見ていきましょう!

私ができたんだから、皆さんも必ずできます!

3ステップの前に…簿記の勉強をする準備

電卓を購入する

  • 価格帯
    2,000円~5,000円程の電卓であれば、機能は十分です。
  • 大きさ
    早打ちする時の打ち間違いを防ぐことを考えて、手のひらよりも大きいサイズを選びましょう。
  • 必ず触って購入する
    キーを打ってみて、自分が気持ちよく打てる感触のものを選びましょう。”ソフトな押心地のもの”や”カチカチと音がするもの”などがあり、好みが分かれます。

ノート・筆記用具・計算用用紙を用意する

  • 簿記試験は筆記試験です。書くことに慣れておきましょう“1や7″・”0や9″などの見間違え易い数字を確実に筆記するのは、簿記検定試験において重要なポイントです。
  • 問題を解くうえで、仕訳を書いていくのは外せない作業です。試験合格までには、計算用紙を大量に使う事になります。
それでは3ステップです!

ステップ1 簿記の基本を学習する

学習期間:一日3時間・2週間程。

初心者が独学で簿記の基礎知識を0円で得る方法

パソコンやスマホ・iPhoneが使える方

こちらの無料学習サイトがおススメです。

>>Study Pro

必ず実際に書いて学習して下さい!

理由

簿記は筆記試験だから

漢字・数字を誰が見てもわかりやすく筆記できなければ、当然試験に合格することはできません。自分でメモした数字が分かりにくくて、計算間違いをすることもあります。

大量の漢字や数字をわかりやすく書くには、訓練が必要です。

これは学習を始めると実感して頂けると思います。

無料学習できるサイトは幾つかあります。最短でということを忘れず、一つのサイトに絞りましょう。

StudyProは、簿記3級取得に向けて作られた、総勉強時間55時間程のサイトです。簿記の基本を学ぶことができます。

学習項目毎に簡単な問題がありますので、問題を解いて解説を読みながら学習しましょう。

このサイトの学習ステップの最後に、「完全予想模試」があります。1度は解いてみる必要がありますが、深堀りする必要はありません。解答と解説を見て理解出来たら、次のステップに進みましょう。

パソコンやスマホ・iPhoneを使えない方

図書館で簿記の基礎についての本を借りて学習しましょう。簿記3級の本でもOKです。お近くの図書館で手に入るもので構いません。

選ぶポイントは、自分が見やすいことはもちろんですが、出版年がなるべく新しいものです。

私はこちらの方法で学習しました。ものすごく古い『簿記論』という本でした。それでも十分でしたが、簿記試験の内容は最新の税法に則ったものですので、出版年がなるべく新しい本を選びましょう。

ステップ2 簿記2級の参考書で学習する

学習期間:1日3時間・2週間程。

簿記2級の参考書を選ぶポイント

  • 学習項目毎の解説が簡潔。
  • 解説の後に簡単な問題が載っている。
  • 問題の答えについての解説が詳しい。
簿記の基本を学習する際には無料の方法で十分でしたが、簿記2級では簡単な問題付きの参考書を一冊購入しましょう。

簿記2級では、出てくる言葉が専門的になってきます。日常生活では聞いたことも無いような言葉が沢山ありますので、自由にメモしたりできる自分だけの参考書を持っておいた方が良いでしょう。

簿記3級と2級の違い

簿記2級では、出てくる言葉が専門的になります。初めは戸惑いますが、すぐに慣れます。

一番の違いは、簿記3級では商業簿記のみですが、簿記2級では商業簿記に加えて工業簿記が試験内容に追加されるという点です。

工業簿記を難しく考える必要はありません。商業簿記も工業簿記も考え方の基本は同じです。

ステップ3 過去問題集を解く

学習期間:1日3時間・長くて2ヶ月程。

簿記を独学で初心者が取得するための一番重要なステップです!

過去問題集は10年分を選ぶ

試験合格に向けての問題集は、過去問題集だけでOKです。予想問題集などに浮気しないで下さい。

過去問題集を使って必ずやるべき事
  • 実際の試験時間は2時間です。必ず2時間を計って取り組んで下さい。時間配分を体に叩き込むためです。
  • 直近10回分の過去問題集を最低5回は繰り返して解いて下さい大変なように感じますが、期間に換算すると最低1ヶ月~長くて2ヶ月程です。
最終目標は、何度解いても全て満点を取れるようになることです。

なぜ過去10回分の問題集が必要かというと、トリッキーな問題に対応できるようになるためです。

いくらトリッキーな問題を出されても、回答者が行う事はいつも一緒なんです。出題文の中から仕訳に必要な部分を抜き出して、勘定科目に置き換えて仕訳をするという事だけ。

それが分かっていても、突然トリッキーな問題に出会うと戸惑うものです。試験当日に初めてトリッキーな問題に出会うとすると、その問題は解けないでしょう。

過去3回分や5回分くらいでは、トリッキーな問題に対する免疫は不十分です。過去10回を遡れば、トリッキーな問題に慣れて、回答する勘を磨くことができます。

日商簿記と全商簿記どちらを選ぶか

日商簿記と全商簿記がありますが、特に理由が無いのであれば日商簿記を受験しましょう。

全商簿記の対象は主に高校生です。日商簿記よりも難易度が少し低目と言われています。社会に出て有利に使えるのは日商簿記です。

簿記に独学で取り組んできたあなたが試験当日に注意すること

  • 受験票を忘れない
    当たり前のようで、意外といらっしゃいます。
  • 周りの音に戸惑わない
    受験者全員が電卓を使うので、相当うるさいです。中には他の受験者を威嚇するために、わざと大きな音を出す人もいます(私の知り合いに実際にいました)。戸惑わずに自分のことに集中しましょう。

簿記を取得すると有利な事

簿記と言っても、社会では3級にはあまり価値がありません。社会に有利なのは2級以上です。

例えば事務のお仕事をする場合だと、一般事務ではなく経理事務をすることができます。経理事務は一般事務に比べて給与も高く、無駄な雑用も少ない仕事です。

繁忙期が明確なので、プライベートでの予定が立てやすいというメリットもあります。

組織に属して仕事をする場合には、組織全体のお金の流れを管理する仕事に就けるのは最大のプライドとなるでしょう。

個人で起業する場合には、経理ができることは絶対条件です。

私は税理士事務所で沢山の企業に何百回も経理指導をしてきましたが、経営状況が悪い会社に共通するのは、経営者が数字に弱いという事でした。

簿記の知識があり・資格も持っているという事は、一生の宝となります。

まとめ

簿記2級を、独学で初心者が最安・最短取得することはできます!

今回ご紹介した3ステップを手を抜かずに取り組めば、最安で簿記検定料を含めて約1万5千円程・学習期間3~4ヶ月で取得することが可能です!

もし一度で合格できなくても、年3回のチャンスがあるのが簿記検定試験の良い所です。

確実に取得出来て・社会でも有利な資格なので、難しく考えずにまずは行動してみて下さい!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください