【つわりの症状の変化と流産の関係】どう判断する?流産の種類は?

私Ms.Cは、3回の妊娠・出産を経験しました。つわりが酷くて、辛くて辛くて…。
「何で自分がこんな目に遭わなきゃいけないのか」
と何度も思いました。

そんな時にたった一つ救いだった思いがあります。

「つわりがあるっていうことは、赤ちゃんが生きている証拠」
という思いです。

 

妊娠初期に、”赤ちゃんが確かに生きている”という事を確認できる唯一の時が、妊婦検診です。

次の妊婦検診までの間に「赤ちゃんが本当に無事に生きているのか?」と不安になる方は大勢いらっしゃると思います。つわの症状と流産の関係性についてお話ししていきたいと思います。

流産とは

流産とは、何らかの問題が起こり、妊娠22週未満に妊娠が終了することを言います。妊娠22週以降は死産となります。

流産の確率

とても辛いことですが、全ての妊婦さんが無事に出産の日を迎えられるわけではありせん。妊娠全体の約15%は流産すると言われています。

特に妊娠12週未満での流産率が高く、流産全体の80%が妊娠12週未満で起こると言われています。

妊娠12週未満での流産

妊娠12週未満での流産は早期流産と呼ばれます。早期流産の原因のほとんどは、赤ちゃんの染色体異常これを防ぐことは、残念ながらできません。

私Ms.Cは、3人目妊娠時に妊娠禁忌の薬を服用していました。その薬を飲んでいる場合、飲んでいない場合に比べて胎児に奇形が出る確率が5倍となります。

妊娠がわかってから、身勝手ですが、正直この妊娠を継続させるかどうかを悩みました。妊娠禁忌の薬を服用していながら妊娠という状況を作った夫を恨んだり・自分を恨んだりしました。

薬を処方していた内科の医師は、
「妊娠継続はよく考えて決断して下さい」
と言いました。

そこで妊娠継続を決断したのは、産科の医師の言葉があったからでした。

「あなたが服用している薬の影響については、臨床も無く、可能性の話だけ。もし胎児に奇形が出るとしても・流産するとしても、それは誰のせいでも無い可能性が大きい。どれだけ空気のきれいな場所に住んでいて・体に良い食べ物しか食べなくても、奇形も流産も起こる可能性はある。薬の危険性を怖がるなら、駄菓子を摂取する方がよっぽど体に悪いよ。

この言葉は全ての妊婦さんに当てはまります。

妊婦さんが過去にどれだけ体に良い生活をしてきても・妊娠してから問題が起きないように気を付けても、流産は起こります。前触れも・原因もわからないまま終わってしまう事があります。

つわりの症状の変化と流産の関係

流産したことで、つわりの症状に変化が出るかどうかについては、確実「こうだ」という関係性はわかっていません。

人それぞれなんです。ただ、つわりが前触れなくピタリと止まったら、流産を疑いましょう。次の妊婦検診を待たずに受診しましょう。

この時の判断基準は「ピタリと」です。つわりがピタリと止まる前につわりの症状に変化があるかどうかですが、これは無いそうです。

胎児や胎芽が子宮内にとどまっている状態での流産では、子宮内容除去手術が終了するまでは、つわりが続く可能性があります。

流産の種類

稽留流産

妊娠初期に多い流産です。原因は先天的なものです。自覚症状を感じることは無いので、妊婦検診で「胎児の心音が確認できない」と診断されて、初めてわかることが多いでしょう。

科学的流産

妊娠初期の流産です。着床後に胎児の成長が止まり、出血とともに胎児が流れてしまいます。お腹や腰に痛みがありますが、普段の生理痛と同じ症状の場合も多く、気づかないうちに子宮内の胎児が流れてしまう事もあります。

着床するので、妊娠検査薬を使用すると妊娠反応が出ます。この流産をした時の妊娠は、妊娠としてカウントされず、胎児も流れてしまうために処置が必要ありません。母体への負担も無い為、次の妊娠までも期間を開ける必要がありません。

切迫流産

これは「今まさに流産しそう・危険!」という状態です。お腹が痛い・出血したという時は、次の妊婦検診を待たずに受診しましょう。

切迫流産に必要なのは安静です。母体と胎児の状態が安定するまで、なるべく動かずに過ごす必要があります。

私は、過去に保育士をしていました。保育士の職場では、妊娠するとほぼ全員が切迫流産で早々に産休に入ります。激しく体を動かす仕事内容・プレッシャーやストレスは、妊娠の状態に問題を起こしていたようです。

進行流産

子宮口が開いてしまい、強い腹痛と大量の出血とともに流産となります。進行流産となると、数分のうちに胎児が外に出てしまいます。

流産が起きてしまったら

私は流産を経験したことがありません。だから、辛さを「わかる」なんて簡単に言えません。

友人に、流産を何度も経験した女性がいます。その話を聞いて、とてつもなく心が痛みました。「今、目の前で元気にしている我が子の命が本当にありがたい」と強く思います。

1人の友人は、2度死産を経験しました。お腹の中で死亡してしまった我が子を、陣痛促進剤を使って分娩し、性別もわかるくらいに成長している子供を胸に抱いたそうです。火葬して、お墓に納骨したという話を聞いて、何とも言えない思いです。彼女はその後二人の子供を出産し、子育てを頑張っています。

もう一人の友人は、40歳まで「子供はいらない。仕事をしたい。」と考えていたのですが、40歳を迎えて女性が出産するタイムリミットを実感しました。「絶対に子供が欲しい」と思いなおして不妊治療を始めました。

2度妊娠することができたのですが、母体の加齢が原因の可能性が高い「不育症」で流産をしました。2度とも妊娠12週くらいで激しい腹痛が起き、トイレに行くと出血し、赤ちゃんが流れてしまうという体験をしました。

彼女も42歳の時に出産をすることができました。辛い経験を経て、今は授かった男の子を大切に育てています。

流産をすると、特に高齢の人からは責めるようなことを言われたりすることもあるでしょう。自分のことを自分でも責めるでしょう。

いくら「先天的な原因だから、あなたのせいじゃないよ」と言われたところで、辛い気持ちが晴れるわけではないと思います。

そこで考えるのは、「命が生まれることは奇跡なんだな」という実感ではないでしょうか?自分自身も奇跡の結晶なんですよね。

自分を責める・恨む時期は避けられなくても、自分自身の存在を否定せずに、自分の今ある命を大切にすることで時間を過ごせるといいのかな、と思います。

>>【つわりの症状や妊婦生活について】納得!の詳しい情報まとめ

かちゃまし!毎日を更新中です。一人で子育てを頑張るママに見て頂けると幸いです!
かちゃまし!毎日 我が家の子育てを毎日更新中!一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください