つわりの症状は変化する!初期~出産まで実体験を元に解説

 

つわりって辛いですね。

「どうしてこんなに辛いんだろう?」

「つわりの先には何か良いことが待っているのか?」

「何故自分がこんな目に遭わなきゃいけないのか?」

辛さの中に、様々な思いが巡ります。私Ms.Cは巡りました!つわりの初期から終わりまでを実体験を元に徹底解説します!

 


一般的なつわりの期間

一般的には5~6週頃から始まって、8~11週頃にピークになり、12~16週頃におさまると言われています。

つわりは人それぞれ

つわりに限らず、妊娠経過も人それぞれです。妊婦に「一般的には」という言葉は通用しません

つわりの原因

つわりが何故起こるかは、はっきりと解明されていません。よく目にする情報は、”妊娠したことによるホルモンの変化が原因”というものです。

これも本当だと思うし、私Ms.Cの3回の妊娠・出産経験を振り返ると、世の中で言われていることは全て本当だと思います。
  • ホルモンの変化
  • 自律神経の乱れ
  • ストレス
  • 出産への不安
  • 赤ちゃんへの拒否反応  etc…
全てが入り混じってつわりの症状の原因になっているというのが、私の実感でした。

つわりの初期症状

よくTVドラマで見るのは、突然ゲーっと吐いて、
 こんな感じ。
「無い!」とは言い切れません。人それぞれですが、少ないと思います。

Ms.Cのつわりが一番酷かったのが、3人目妊娠時の激しい吐きつわりでしたので、吐きつわりを具体例としてお話していきます。

初期の妊娠5週目頃から、軽い二日酔いのような気持ち悪さが始まる。



何となく異変を感じたものの、当時は2人目を出産してまだ4ヶ月程。
「まさかすぐに赤ちゃんができるはずないよな」
と思い込んで1週間を過ごす。



「生理も遅れていてやっぱり変」という事で、妊娠6週目に妊娠検査薬を使用。妊娠していることが判明。

妊娠が判明~妊娠初期のつわり

軽い二日酔いのような状態は、つわりの始まりだった
と確定した6週目からは、坂を転げ落ちるように酷くなっていきました。精神的な影響が大きいと思います。

吐き気があっても、通常の状態だったらなるべく吐くのを我慢しますよね?”吐く”という行為自体が体に負担だし、すすんで吐く人は少ないと思います。

でもそれがつわりだったら?不安がどっと押し寄せてきます。
  • この気持ち悪さはずっと続くのか?
  • この気持ち悪さは酷くなっていくのか?
  • 気持ち悪い状態で仕事を続けられるか?
  • 上の子の育児をきちんと出来るか?
自律神経は乱れるし、考えもまとまらない状態になり、自分の中で何とか納めていた”吐き気”が、一気に”吐く”に変化しました。

つわりの症状がピークの時の過ごし方

動いても動かなくても・食べても食べなくても、いつでも具合が悪い状態でした。

つわりがピークの時の状況は人それぞれです。その中で目指すところは一点のみ!

なるべく休む!

つわりのピークでも休めない時の過ごし方

  • 周囲の人全てにつわりで具合が悪いことを言っておく
    自分のつわりの症状についてよく理解しているのは、自分だけです。周囲の人には言葉にしないと伝わりません。察してくれるなんてことはないんです!
  • 「隙間時間に何かしよう」ではなく、「隙間時間は休もう」と考える
    女性は、一度に幾つもの事を同時に考えて行動できる生き物です。「〇〇をするついでに△△をしよう」と思って行動しますよね。そして自分の休む時間は埋もれていきます。
  • 水分と軽く口に入れられる食べ物を持ち歩く
    つわり中は突然空腹を感じて、具合が悪くなることがあります。
  • ゆったりとした服装&靴でストレスを軽減する
    特に吐きつわりの方は、胸・首・お腹の辺りを締め付けない服装で、体をリラックスした状態に置いてあげることをおススメします。
  • これまでの生活リズムを守らなくてもOKと思いきる
    無意識でも、リズムをつけている生活している人が多いのではないでしょうか?朝ドラを見たら家事を始めるとか・仕事から帰ってきたら洗濯機を回すとか。

    つわり中は、そのリズムすらも負担になります。あまり気にせず、ゆったりと過ごしましょう
  • 周囲の人に遠慮なく甘える
    これが意外と難しい!私は近くに親兄弟がいなかったので、甘える相手は主に友人でした。

    酷い顔色の私を見て、「兄弟を預かってあげるよ」とか「買い物してあげるよ」とかと声を掛けてくれても、申し訳なさが先行します。素直に「よろしく」と言いにくいです。でも、相手は結構心配してくれているものです。素直に甘えましょう。お返しは、これから先も心を込めてお付き合いをすること・相手が困った時に手助けすることでいいんです
  • 人と一緒にご飯を食べる
    これは効果的です。1人でいると、自分の具合悪さに直面しますが、人といるとそれが紛れます。楽しい会話をしながら、いつもは食べれない食事が結構食べれたりするものです。頻繁だと負担になりますが、たまには気分転換に人を誘ってみるといいものです。

つわりの終わり

つわりは突然終わります。

ある日起きたら気分がスッキリしていて・ご飯が美味しくなり・買い物にでも行きたい気分になる感じです。

残念なのが、確実に終わる時期を明示できないこと。終わる時期は人それぞれです

私の場合は1人目2人目は妊娠中期ごろにつわりが終了しましたが、3人目は妊娠35週までつわりが続きました。出産したのが38週なので、出産直前までつわりが続いたことになります。


つわりが終わってからの妊婦生活

つわりが妊娠中期に終了したとしてお話しします。

つわりが終了してからも気になる事は山盛りです!
  • 食べるのが止まらなくなり、体重管理が気になる
  • 子宮が胃を圧迫するので、呼吸の苦しさが気になる
  • 子宮が膀胱を圧迫するので、頻尿が気になる
  • むくみが気になる
  • 股関節の痛みが気になる etc…。
” 何も不自由なく妊婦生活を過ごして出産に至った” という人もいると思いますが、ほとんどの妊婦さんは様々な悩みを抱えながら出産まで過ごすことになります。

「必ずこんなことが起こるよ」と言えないので、ほとんどが対処療法になります。

最後に

つわりの大まかな流れ。

モヤモヤ~っと始まる

突然酷くなる

突然終わる

原因は解明されていないけど、様々なことが入り混じっていると考えることができます。期間は人それぞれで、重さも人それぞれ。

何と全てが曖昧なんでしょう!でも、妊婦さんの約半数がつわりを経験すると言われています。

多くの人が体験するのに、全貌が解明されていないつわり。実体験ほど役立つ情報はありません。参考になさってみて下さい

>>【つわりの症状や妊婦生活について】納得!の詳しい情報まとめ

かちゃまし!毎日を更新中です。一人で子育てを頑張るママに見て頂けると幸いです!
かちゃまし!毎日 我が家の子育てを毎日更新中!一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください