付き合う前に手をつなぐ男性の心理をズバリ!心理学や実体験から解説

付き合う前の男性に手をつながれて、それから進展が無い場合。「あれは偶然だったのかな?・・・偶然だったのだろう!」と自分に言い聞かせていませんか?。

偶然ではありません!手は、つなごうと思わないとつなげません!

でも、思い上がってもいけません!付き合う前に手をつなぐの男性の心理は、女性とは違います。

付き合う前に手をつなぐ男性の心理には3パターンあります。経験談や心理学を交えてズバリ解説します!

他にも、手をつなぐ以外にも気になる男性からのスキンシップの意味や、手に触れること自体が持つ意味・手をつないだ先へ進展させたいという女性の為に、自分から積極的に進展させる方法もご紹介していきます。

付き合う前に手をつなぐ男性の心理3パターン

パターン1 好きだから

私だったら、こんな風に真っすぐに自分に恋におちてくれる人に出逢いたい!

男の心理

「好きだから、付き合う前だけど勇気を振り絞って手をつないだ。付き合う方向に進展させたい。」

パターン2 好きになる可能性を感じた。相手の反応によっては進展しそう

お互いに”好き”が徐々に深まっていく、付き合う前の一番楽しいパターンです。

男の心理

「今までは恋愛対象じゃなかったけど、一緒に過ごしてみたらロマンチックな気持ちが湧いてきた。好きになるかもしれない。ロマンチックな雰囲気に任せて手をつなごう!どう反応するだろうか?良い感じだったら進展するかも…。」

パターン3 その場の雰囲気

女性にとってはこの心理が一番わかりにくいですね。私なら、まさか自分が体の関係目的で手をつながれているなんて思いもしませんし、ましてや「しょうがなく」と思っているなんて考えもしません!

男の心理

「ロマンチックな雰囲気だから、何となく手をつないでみよう。今日体の関係まで行けるかも。」

「すごい人ごみだor足場が悪くて危ない等、しょうがない。手をつなぐしかないか。」

まずはこの3つのパターンの内、どのパターンの心理で手をつないできたのかを判断しましょう。

判断するための材料として、手をつなぐ事・手をつなぐ以外のスキンシップに対する男の心理を理解していきましょう。

付き合う前に手をつなぐ以外にもスキンシップをする男の心理とは?

手をつなぐ以外にも、頭ポンポン・肩を抱く・顔に触るなどのスキンシップがある場合もあると思います。

そのようなスキンシップにはどんな意味があるのでしょうか?自分をどのような対象として見ているのでしょうか?


パーソナルスペースについて

パーソナルスペースとは、自分の周囲に人が踏み込んできて良い領域の事です。自分が相手をどのような対象として見るかによってパーソナルスペースは変わります。

パーソナルスペース4段階

  • 恋人の領域 (0~45㎝)
  • 友達の領域 (45㎝~1.2m)
  • 知人の領域 (1.2m~3.5m)
  • 大衆の領域 (3.5m~)

男女によって・個人によって差はあるのですが、大まかに分けると上記のようになります。

確かに、同性の友人であってもあまりにも距離が近いと緊張することがあります。友人であっても、踏み込まれると違和感を感じる領域があるという事なんですね。

スキンシップをするという事は、最低でも”友達の領域”以内に入っていることになります。“好意がある”ということは間違いありません。

男性がスキンシップをする対象

「好意がある=好きな人」なわけではありません。好意がある人の種類は…

  • 好きな人
  • 親しい同性と同じ感覚の友達
  • 妹のように可愛い
  • 下心がある好意

「好意がある=好きな人」でもないし、「好意がある=誠実な好意」というわけでもないというのが事実です。

また、日本人だし海外留学経験も無いのに、何故か外国の男性のようにスキンシップをしてくるという男性もいます。

これはスキンシップというより、エスコートと理解する方が正しいかもしれません。

  • 階段を上る時に手をつなぐ(添える)。
  • 建物に入る時に腰をそっと押して女性を先に行かせる。
  • 人ごみで肩を抱いて自分の近くに寄せる。 etc…。

私なんかは、ドアを開けてくれるだけでもドキっとしてしまいますが、単なるエスコートなんですね。

手をつなぐ以外にも手に触れる行為は日常生活に沢山あります。「どんな場面か?」「どんな気持ちで手に触れるのか」を一緒に見ていきましょう。

手に触れるのは特別な事です

スキンシップの中でも、手に触れるという行為は特別なことです。

誰とでも手をつなぐ・誰の手にでも気軽に触れるわけではありません。知らない人の手に触れてしまったら「すいません」と謝りますよね。

手をつなぐ以外の「手に触れる場面」「手に触れた時の気持ち」について考えてみましょう。

手当

子供の時、『腹痛を感じてお母さんにお腹をなでてもらったら良くなった』という経験はありませんか?優しさや思いやりは、手を通して相手に伝えることができます。手で触れられた相手は、安心して体の痛みが吹き飛んでしまう事があります。

ビジネスや日常の場面

ビジネスだと、外交のニュースで首相同士が握手をするシーンがよくあります。

手を握った時の相手の手のコンディションで、健康状態や現在の気持ちを察することができるそうです。手を握る・離すタイミングでも相手の心理状態が読めるそうです。

宗教的な場面でも、手に関する動作がよく見られます。神社にお参りする時、手をパンパンと打ちます。キリスト教では祈る時、手を組みます。

食事の前の「いただきます」の合掌も、一瞬ですが心をこめますよね。

手を振れたことによって心の距離が縮まる

ただの知人・ただの同僚など、同性・異性に関わらず何となくお付き合いをしていた間柄でも、手に触れると心の距離も縮まることがあります。

例えば手相や冷え性の話題になった時。会話の中で必要に迫られて手に触れるような場合でも、手に触れてみると相手の温度や手の質感を感じ、相手の存在感を再認識します。

相手と近づきたくて触れる

大切な人の手には大切に触れるものです。恋人なら、相手のぬくもりを感じるために始終抱き合っていることはできないけれど、手のぬくもりを感じるだけで相手とつながっている感じがしますよね。

手をつないだ以上、相手と自分の心に変化が生まれます。手をつないだ先には、どのような進展が待っているのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

手をつないだ先に進展はあるのか?

【付き合う前に手をつなぐ男の心理】3つのパターンを紹介しました。どのパターンでも手をつないだ先へ進展する可能性はあります。

進展するかどうかはあなた次第です。

男にとって『手をつなぐ』と『告白』の間には高い壁があります。

男は告白をリスクと捉えます

  • フラれたらこの先気まずい。
  • 自分から告白したら立場が下になる。
  • いざ付き合うと女は重いんだよな。

他にも

  • 他人からみたら不釣り合いなんじゃないか?
  • お互い好きだってわかってるんだから、わざわざ言葉にするのは恥ずかしすぎる。
  • 他にも気になっている女性がいる。2人同時進行で楽しみたいor良い方を選びたい。

意外と色んな事を考えている男達…。結構身勝手な理由ばかりですが、どんな男性も大差なく、上記のような事を考えていると言っていいでしょう。

とは言っても身勝手なのは男性だけではありません。女性だって異性との微妙な関係を楽しむ場合がありますよね。

名目”男友達”

本当は恋愛の可能性も含んでいるのに、お互いそれに気づかないふりをして仲良くしている”男友達”がいませんか?

お互いに恋人がいたりもします。恋人がいるのに、毎日のように連絡を取り合って、休日は二人で出掛けたりもするという、どっちに転んでもいいような、名目は”男友達”です。

それはそれで楽しいものですよね。

私Ms.Cにもいました。当時は”親友”とまで思い込んでいた名目”男友達”です。

ある飲み会の席でテーブルの下で手をつながれ、その後何の進展もありませんでした。
「偶然か、酔っていただけだろう。」
と考えて、手をつながれたことは記憶の片隅に追いやりました。

その後すぐに、彼は結婚しました。

彼から数年遅れて私も結婚することになった時、彼から告白を受けました。
「飲み会のテーブルの下で手をつないだあの時、好きだったんだ。」

後から思い返すと彼との友達関係は、やはり異性としての付き合いだからこそ、ひと際楽しかったのだと思います。

名目”男友達”との進展なんて考えません。望みもしません。名目が”男友達”であること自体に価値があり、いつ男女の関係に転ぶかわからない微妙なところを女性は楽しんでいるのだと思います。

自分は進展を望んでいるのかを考える

付き合う前に手をつないだら、これからの進展が気になるところです。「自分は手をつないだ相手との進展を望んでいるのか?」を考えましょう。

  • 名目”男友達”や微妙な関係を楽しみたいならそのままでいいでしょう。まだしばらくは楽しむことができます。
  • 進展して本気でお付き合いしたいと思うなら、自分からも行動してく必要があります。
  • 進展して大人の関係を望むなら、自分からぐっと距離を狭めていくと良いでしょう。

次に、「手をつながれて嬉しかった・良い方向に進展させたい」と思う女性の為に、男性の背中を押す方法をお知らせします。

二人の関係を進展させる方法

手をつないだ次のデートから、どうすれば自分の思う方向に進展させていくことができるのか?

待ち合わせで会った瞬間、手を差し出してつなぐことを誘導する

前回のデートで手をつないでから、お互いに「次のデートでどんな顔をして会えばいいのか?」と緊張していますよね。自分から手を差し出して、自然に手をつなげるように誘導してあげましょう。

パーソナルスペースに積極的に入る

パーソナルスペースの中でも恋人領域の45㎝以内に積極的に入りましょう。45㎝を実際に計ってみると結構遠いです。彼との距離を握りこぶし1~2個分に積極的に入るのが良いでしょう。

真横が恥ずかしければ、一歩下がった位置でもいいでしょう。一歩下がった位置で彼を観察することによって、今までに気づかなかった彼の姿に気付くこともあります。

人混みなどでは自分から腕を組む

より近づくシチュエーションがあれば、自分から腕を組んでしまいましょう。

二人の関係を進展させる方法まとめ

どんな場面であろうと、自分に隙を作ることで男性の行動をリードしましょう。女性からスキンシップをされて嫌な気持ちがする男性はいません。

よっぽど好意の対象外ではない限り、嬉しいものです。前回のデートで手をつなぐという一歩を踏み出した後のスキンシップは、2人の関係の親密度を上げてくれます。

また、自分からスキンシップを取れば、「私も好意を持っている」・「関係を進展させたい」と思っていることのメッセージになります。

女性側の気持ちがはっきりすることで男性側が安心し、告白の言葉を引き出せる可能性が高まります

最後に

付き合う前の、手をつないでドキドキしているくらいの時期が、恋愛の一番楽しい時かもしれません。

自分の気持ちはしっかりと確認しつつ、思い切りドキドキして・悩んで・迷って、恋愛を楽しみましょうね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください