胎内記憶のエピソード!我が子から私が受けたその衝撃とは

「お腹にいた時の記憶を子供に聞くと、一回だけ本当のことを言ってくれるんだって!」
という情報を聞いたことがありませんか?

お腹にいた時の記憶のことを、胎内記憶と言います。

【胎内記憶とは】

胎内記憶についての情報は、

  • しっかりと話し始めた頃に聞くと、一回だけ本当のことを言ってくれる
  • 二度と同じことは言わない
  • 「ママのお腹からクルクル回って出てきたんだよ」等の多数の証言がある

胎内記憶のことを知ってからというもの、Ms.Cは自分の子供にも聞いて見たくてうずうずしていました。胎内記憶を知ったのは、長男が1歳頃のことです。あれから早4年…。

 

すぐに胎内記憶を聞いてみたいけど…

長男は1歳調度あたりで言葉が出始めました。とは言っても、何を言っているのかわからないうちに聞いてもしょうがない!

3歳を過ぎると、言葉がはっきりしてきて大体の会話が通じるようになりますよね。でも我が家の場合、ここからが長かった。。。息子は聞いたことに対してきちんとした回答をしてくれるような子供ではなかったんです。

 

「今日、幼稚園をお休みしたお友達いた?」と聞くと、「新幹線はやぶさが好き!」と答えるような、完全なる”ちんぷんかんぷん野郎”でした。赤ちゃん返りが長引いて、とんでもなく甘えん坊なので、”ちんぷんかんぷんバブ”と呼んでいました。

そんな状態が2年程続き、現在5歳。「やっとまともに会話ができるようになってきたな~」と目を細めて息子を見ていた先週の週末…。「ハッ!あれを聞いてみなければ!!!」と思い、聞くことができたんです!

胎内記憶のエピソードを息子が語りました!

「ママのお腹にいた時のこと覚えてるの?」

「覚えてるよ。ママに会いたいよー会いたいよーと思ってて、ママも僕に会いたいよーと思ってた。」

まあここまでは、何かの絵本で見たような会話なので、適当に言ってるだけかもしれませんよね。でもここから先が衝撃を受けました!

 

「いっつもトマトのスープを飲んでたでしょ」

えっ!?わかるの!?」

「そう。いっつもトマトスープを飲んでた。」

確かに…。長男を妊娠中にムカムカすると、いつもトマトのスープを飲みたくてしょうがありませんでした。ミネストローネ・カップスープのトマト味など。お米もトマトスープに入れて食べていました。

もうこの時点で、私としては大満足です。「胎内記憶って本当にあるんだ…!」という満たされた気持ちでいっぱいです。でも「この機を逃しちゃいかん!」と聞き続けます。

 

「ママのお腹からどうやっって出てきたの?」

「眠いな~と思って寝てたんだけど頑張ったんだよ。そしてずっと寝てた。」

「うひょ~!!!」これまた衝撃です!私は妊娠中血液に異常が出るタイプでした。3人の子供を陣痛促進剤を使って出産しています。

 

私の場合の陣痛促進剤を使う理由は、”大量出血に備えて医師の体制が整っている時間に出産する事”と、”輸血準備が整っている時に出産する事”でした。

自然な陣痛が来るタイミングが、休日の夜中だと体制が整わないという事で、生期産の37週を過ぎたら入院し、陣痛促進剤を使って出産するという流れです。

お腹にいた息子にとっては、”寝てたのに急に子宮収縮が始まったから、出ざるを得ない状況になった”んですよね。確かに、産道を通る時にも呑気にしゃっくりをしていました。助産師さんに「この子、生まれる気無いね。」と言われたのをよく覚えています。生まれてからは一日以上寝続けて、またまた助産師さんに「この子、生まれたことに気付いてないね。」と言われました。

あまりにもびっくりし過ぎて、満足して、これ以上は掘り下げることができませんでした。

でも、胎内記憶って本当にあるんです!

胎内記憶を聞く適齢期

胎内記憶を聞く適齢期はそれぞれ

私の周囲では、3歳くらいの時に聞いたという人が大半です。3歳くらいになると「もう忘れちゃうんじゃないかな…と焦ってきますが、焦る必要はありません。家の息子は5歳でも覚えていてくれました。

胎内記憶を表現できるくらいに言葉が発達した時に聞いてみるといいと思います。

 

聞いても覚えていない子もいるそうです。覚えていても、二度と同じことは言わないそうです。

胎内記憶を聞いて感動できるのは、ママの特権です。10か月もの間、身体の一部として子供を守り、悪阻も出産も一緒に頑張ったんですから!胎内記憶を共有できるのは、ママと子供だけです。

とても感動的な体験ですので、子供さんが十分にお喋りできるようになったタイミングで、是非聞いてみて下さい。

かちゃまし!毎日を更新中です。一人で子育てを頑張るママに見て頂けると幸いです!
かちゃまし!毎日 我が家の子育てを毎日更新中!一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください