好きな人に彼女がいる場合の考え方&あなたの虜にさせる方法

30代からの大人の女性の皆様。素敵な出会いが訪れた時、真っ先に頭に浮かび・怖れることは何でしょうか?

「この人、彼女いるかな?」
これですよね!

そして、実際に「出会った素敵な男性に彼女がいた」ということも少なくないですよね?

 

恋におちてしまった…!でも好きな人に彼女がいる場合…。大人の女は、自分で3パターンの考え方を選べます。

次に、彼女がいるのにあなたとも”いい感じ”の男はどんな心理なのか?5つの心理を知りましょう。

彼女がいるかどうか、はっきりしない男に、これまたはっきり聞けないあなたには、彼女がいる人の3つの特徴をお知らせします。

それを全て踏まえた上で、彼女がいてもその男を振り向かせたいと思うなら、あなたの虜にする方法が5つあります。

早速見ていきましょう!

好きな人に彼女がいる場合の考え方3パターン

1.即諦める

いきなり「えっ!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、大人の女の立派な選択の1つです。

  • 好きな人に彼女がいる場合、そこに自分が割って入ろうとするなら、これから起こる様々な事は大体想像がつきますよね。
  • 自分の存在が、好きな人とその彼女にとって、「絆を深める踏み台」になるかもしれない可能性を考えると、反吐が出ますよね。

体力・時間に制限がある30代以上の女性にとって、彼女がいる男にわざわざ体力・時間を使う必要が無い考えるのは、とても賢い選択です。

世の中には、彼女がいない素敵な男性が沢山います。何歳になっても出会う事ができます。

即諦めて、自分自身を豊かに高める時間を送り、もっと素敵な男性に出会うチャンスを高めるのは、素敵な選択ですね。

2.奪う

自分に自信があり、男性の心理や動かし方を心得ている女性なら、この選択をするでしょう。

あなたがその男性にとって他の追随を許さない程に魅力的であればいいだけなので、この選択をして自分の人生をより輝かせるのは素敵な事です。

後からお話ししますが、奪うなら、やみくもに動いてはいけません。

  • とにかく好き。
  • この人以上の男性は現れないと思う。
  • この年になってやっと出会ったんだから…。

などと思い込んで暴走すると必ず失敗しますので、ご注意下さい。奪うなら、”あなたの虜にさせる”という方法で奪いましょう。

3.諦めないけど気長に付き合う

すぐに諦めず、じわじわと自分の魅力を相手に浸透させていくこともできます。

自分もその間ずっとドキドキ感を味わえますし、あなた自身の征服感も満たされます。

恋愛が一番楽しいのは、恋愛し初めから付き合う前までの期間です。楽しい期間を長く過ごせることで、あなた自身が女性としての魅力を保つことができるというメリットもあります。

 

次に、彼女がいる男性が何故あなたとデートをするのか?男性には5つの心理があります。

彼女がいる男があなたとデートする5つの心理

1.自分を好きな女といるのが気持ちいいから

男女関係なく、誰かに恋されているというのは気持ちがいいものです。普段の生活の活力になりますよね。

それを味わえる時間を手放したくないという男のわがままです。

2.体が目的

下心が無い男性はいません。「今日どうしても」というのではなくても、終着地点を体の関係に置き、そこに至るまでの恋愛ごっこを楽しみたいという男性は多いです。

3.本当の友達だと思っている

私Ms.Cは、最終的には男女の友情は無いと思っています。どれだけ”友達”だと主張したところで、男と女の間でそれは“名目友達”にすぎません。

とはいえ、男女の友情を主張する人がいるのも現実です。

4.妹のように可愛いなど

どうしても恋愛感情には転ばないけれども、可愛くてしょうがないという存在の人がいることがあります。その代表が、『妹のように可愛い』です。

ある種の愛情なので、女性としては非常に紛らわしいですね。

5.彼女との関係が終わりかけている

彼にとっては、あなたとの出会いは”新しい出会い”です。あなたとの恋愛が始まった期待感で一杯の事でしょう。

あなたがなびけば、今の彼女との関係を終わらせて、すぐにあなたと進展する可能性があります。

「関係が終わりかけている」と思っているのが男性側だけではないことを願うばかりですね。

 

“彼女がいる”とはっきりわかるといいのですが、わからないし聞けないという場合は、3つの特徴に当てはまるか同課で彼女がいるかどうかを判断しましょう。

彼女がいる人3つの特徴

1.女性にがっついた様子が無い

「態度が余裕」な男性です。

具体的には

  • 出会いの場で身を乗り出してこない。
  • 受け答えに余裕がある。
  • たまに女心をくすぐるような発言をする。

彼女がいるが故に態度に余裕があり・マイペースです。そして女性のご機嫌スイッチを心得ています。

2.プライベートタイムに連絡が長時間取れないことがある

休日・平日関係なく、「頻繁にLINEなどのやり取りをする日もあれば、全く連絡が取れない日もある」という男性は彼女がいる可能性が高いです。

私も過去に、休日に散々デートしていた男性に彼女がいることが発覚したことがあります。

上記のように連絡が簡単に取れる日と、待てど暮らせどメールの返信が来ない日がありました。ある時、一切連絡が取れない休日がありました。

その日の事を後から聞くと、渋々「彼女の家族と自分の家族、一緒に旅行に行っていた」と話しました。

家族ぐるみで仲良くしている程の、落ち着いた状態のカップルだったんですね。彼女はいるけど長年一緒にいるから、お互いに信頼しきっている。

付き合い始めのカップルのように、一緒に過ごすことに一生懸命な時期は過ぎているわけです。そんなところに私と出会い、男性は彼女がいながらもドキドキする時間を楽しんでいたという結末でした。

3.質問に答えない・濁す・話をそらす

特に、「どんな女性がタイプ?」とかという女性関連の話題にきちんと答えない人には要注意です。

自分の中で罪悪感があるので、きちんと答えることができないんですね。

上手に話をそらす男性は、自分はきちんと答えずに同じ質問を投げ返してきます。女性に喋らせ・満足させて、自分が答えることからは逃れるという高等技術を使う人もいます。

 

最後に、彼女がいる男性を好きになってしまった時、大人の女性が無理やり奪わず、ジワジワと男性の心をあなたの虜にさせる5つの方法を見ていきましょう。

彼女がいる人を振り向かせる&虜にさせる5つの方法

1.ドキドキ感を与え続ける

既にカップルになっている2人に足りないのは、ドキドキ感です。

恋愛の初めに激しく燃え上がった2人も・付き合って時間が経っているのにラブラブな2人にも、出会ってから付き合う直前までのドキドキ感を取り戻すことはできません。

ドキドキ感を与え続けることができるのはあなただけです。ドキドキする相手がいる生活は、楽しくてしょうがありません!

男性はドキドキ感を感じ続けることで、ジワジワとあなたの虜になります。

2.清潔感のあるセクシーさをいつも醸し出す

胸や脚を露出するあからさまなセクシーは、30代以上の大人の女性がすると下品です。

大人の女性は、自分に合っている清潔感のある服装をした上で、セクシーさを演出しましょう。

セクシーさの演出

  • 男性と横並びに座った時、長い髪を彼と反対の方向に流してうなじをチラリと見せる。
  • 深めのVネックのニットから胸の谷間がたまに見える。
  • 羽織っているものを一枚脱いだらオフショルダーの服で、肩や脇が露出する。
  • たまに、短時間熱く見つめる。視線が絡むのもセクシーです。

これくらいのさりげないセクシーを突然見せられると、男性はドキドキします。あなたに触れたい願望が高まり、気づいた時にはあなたの虜になっています。

3.男性には触れさせない・自分からはさりげなく触れる

ロマンチックな雰囲気に任せて手をつなごうとしたり、腰に手を回してくる男性がいますよね。

そういう時に触れさせてはいけません。付き合っていない上に彼女もいる男性です。大人の女性は自分を安売りしないものです。

簡単に触れさせないためには、適度な距離感を保つ必要があります。常に30㎝~45㎝ほどの距離を保ちましょう。

そんな関係の中で一気に男性のドキドキ感が高まるのが女性からのボディタッチです。

  • 笑う時に男性にちょっともたれるように触れる。
  • 立ち上がる時に男性の膝を支えにする。
  • 一緒に歩いている時に「ちょっとこっち」と腕に触れる。

など、自分から触れるのは禁忌なのに女性にほのかに触れられた時、彼はあなたの虜になり始めます。

4.彼女の話はしない・別れることを望まない

敢えて彼女の話は一切せず・別れることも望まずに徹底して”名目友達付き合い”をしましょう。

名目は、「お互いの人間性が好きだから友達付き合いをしている」ということになっているのに実はドキドキさせられる・セクシーさも感じる状態です。

手が届きそうで届かないあなたの存在感に男性の気持ちは盛り上がっていき、男性はすっかりあなたの虜です。

5.つかず離れず適度な距離感を保つ中でたまに甘える

心も体もつかず離れず適度な距離感を保ちます。

  • LINEなどのやりとりは頻繁過ぎないように調整。1日2~3回ほどのやり取りか、2・3日置きに2~3回ほどのやり取り。内容は仕事のことなど、色気の無い内容だけどお互いの近況は把握している状態。
  • 会って一緒に歩く時は、30~45㎝ほどの距離を保つ。
  • 会うのは主に仕事帰りの数時間だが、休日に会う事もある。

良い友人と見せかけておいてたまに甘えることで、懐に入り込みます。

大人の女性にとって「甘える=難題」と感じる方もいらっしゃると思います「甘える=急な小さいわがまま」と考えて下さい。

「わがままを言っていいのか。」と短絡的に考えて本当のわがままをしてはいけません。

目的は、
「こいつ、俺に気を許して甘えてるな。自分は女のわがままに付き合える包容力のある男だ。」
という男性の自尊心をくすぐることです。その辺の加減をお忘れなく。

  • 一緒に居酒屋などに入った時、「お通しが苦手」と言って男性に押し付けたり、バーで頼んだお酒に「この味気分じゃなかった」と言って男性に押し付けたりする、食事関連の急な小さいわがまま。
  • 会話が途切れ途切れになった時に、「笑える話して」などという無茶振りをして、困る男性を見て笑う急な小さいわがまま。
  • あなたの突然思いつきで、男性が予定した行動を変更させる急な小さいわがまま。

大人のしっかりした女性が、自分だけに見せる「甘え=急な小さいわがまま」をいくつも受け止めているうちに、男性の中に「この女のわがままに付き合えるのは自分だけだ」という征服感が湧き上がってきます。

自分だけのものにしたらどんな感じなんだろう?という想像力を掻き立て、あなたの虜にすることができます。

まとめ

30代以上の大人の女性にとって、出会った男性が素敵な男性である程に、彼女がいるかどうかという怖れを持ちます。

でも、大人の女性ならではの考え方と動き方で、彼女がいる男性をあなたの虜にすることは十分可能です。

結論としては、彼女がいるかどうかはそんなに問題にならないということなんですね。

あなた自身が、彼とのドキドキする恋愛を楽しむことで、彼も徐々にあなたのペースにはまり、気づいた時にはあなたの虜になっていることでしょう。

何よりも大切なのが、あなた自身が輝ける・あなた自身が楽しく恋愛をすることですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください