【大人の塗り絵】種類は色々!お姫様から仏像までを紹介

「趣味が欲しい…。」

こう思っている女性、結構多いのではないでしょうか?

何も趣味が無い…。

仕事をして、お酒を飲んで、帰って寝るだけ…。

結構多いと思います。

 

Ms.Cの周りにも子育て中の女性にも何人かいます。

子供が幼稚園に入ると、開放された時間でパートを始める人が半分・趣味に没頭したいと思う人が半分です。

「趣味が何も無いの…何かない?」と聞かれることもしばしば。

 

先日久しぶりに書店に行くと、見慣れないコーナーが設置されていました。

「大人の塗り絵コーナー」

これは良い!

女性なら子供の頃、一度は”お姫さま塗り絵”をしたことがあるのではないでしょうか?

気に入ったページを、姉妹と取り合ったりしませんでしたか?

大人になった今、自分だけのお気に入りの絵を、自分色に創り上げていく!

こんな贅沢を、趣味にしてみませんか?

 

大人の塗り絵ってどんな感じ?
大人の塗り絵のにかかる費用
大人の塗り絵の種類を紹介

 

大人の塗り絵ってどんな感じ?

まずは実際にどういうものか?

“大人の塗り絵”で検索してみると、無料でダウンロードできるものもありました。

『ベルサイユのばら』が大好きだったMs.Cとしては、マリーアントワネットが着ていたような、とんでもなく細かいディティールのドレスを色塗りしてみたいという願望があるのですが…。

無料でこんなものを見つけました。可愛くないですか?

 

この塗り絵は、http://nurie.ciao.jpという無料のサイトに掲載されていました。

サイトを開くと、左側に黄色い枠で項目があります。

一番下の大人の塗り絵の、模様・万華鏡をクリックすると出てきます。

このほかにも、沢山の無料サイトがあります。

 

大人の塗り絵にかかる費用

5,000円くらいで始められます。

無料サイトもあるとはいえ、大人としては形から入りたくないですか?

先ずは「大人の塗り絵」を手に入れてみたいですよね。

書店に並ぶ大人の塗り絵をチェックしたところ、ほとんどが2,000円以下でした。

他に必要な物は色鉛筆。

100円ショップでも多色の色鉛筆は売っています。

画材屋さんなんかでは数万円するものもあります。

何が違うかというと、塗料の質です。

塗料の質が良ければ、発色が良く・色が紙にのりやすく・滑らかな書き心地がします。

実際に100円ショップの色鉛筆を使ってみると、横にして広く塗ろうとした時に、色が紙にのりません。

細いブラスチックを紙に押し付けているような感触で、気持ちよくありません。

Ms.Cなら、「初めから高い色鉛筆を使うのもな~、、」と思います。

大人の塗り絵に、はまらなかったら無駄だし…。

あと、以前に100色以上の色鉛筆を買って後悔したこともあります。

あまりにも色が多すぎて、混乱したんです…!

一色の中のグラデーションが多すぎて、目がチカチカし、赤・青・緑の様な原色がどれなのかすらわからなくなりました。

「100色はいらなかったな…。」と後悔。。。

とりあえず買うなら、3000円くらいかな~と思います。

大人の塗り絵の種類を紹介

書店には、果てしない数の「大人の塗り絵」が並んでいました。

その中の幾つか

・お姫様

・ディズニー

・サンリオ

・風景

・パズル

・ガラスの仮面

・歌舞伎

・曼荼羅

・仏像

尽きることの無いほど、題材がありました。

自分の興味を惹く塗り絵が必ず見つかると思います。

 

書店を飛び出して、IKEAのファブリックコーナーにも「大人の塗り絵」を発見!

好きな布を好きな大きさにカットし、フェルトペンで色塗りをします。

ボードに貼り付けてインテリアにできるというものでした。

 

IKEAから帰って来てインターネットで調べると、「塗り絵壁紙」なんていうものも発見!

 

「へぇ~!すごいね!大人の塗り絵人気!」と感心してしまいました。

 

大人の塗り絵、趣味候補になりますよね!

持ち運びできる趣味っていうのが、魅力的だなと思ったりもします。

いかがでしょうか?

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください