妊娠すると血小板が減少する3児の母。難病指定も受けました。

「妊娠して血小板が減少する」って聞いたことがありますか?

私は妊娠するとすぐに、血小板が減少してしまいます。3人子供を生みましたが、3回ともこの症状が出ました。

私が通っていた東北大学病院では、血小板減少症を治療する血液免疫科があり、妊婦さんを結構見かけます。

きっと妊婦に少なくない症状なのだと思います。

医学的なことは医師のサイトにお任せするとして、私の場合の3人分の経過をお話しします。

妊娠がわかると、どの病院で出産するかをすぐに決めますよね。これが楽しみです。病院の雰囲気・出産スタイル・食事など、自分の希望に叶う病院を選びます。

 

この希望を打ち砕くのが、妊娠が良好に進まない時です。原因は色々あるでしょうが、私の場合は血小板の減少でした。

私は開業して数年の新しい病院で出産することを希望していました。新しい施設・親切なスタッフ、何より魅力的なのは食事に力を入れていることでした。入院中の食事や出産後に夫にも提供されるお祝いディナーがとても楽しみでした。

 

第一子を妊娠して20週頃、
「血小板が少ないので、すぐに東北大学病院に行って下さい。紹介状を書きますので…」
と、淡々と医師に言われた時は、意味が分かりませんでした。

一回だけ東北大学病院で診てもらって、また希望の病院に戻れると思っていた私は、ニコニコと
「そうなんですか~」
と言い、
「笑ってる場合じゃないから」
と医師に冷たく言われたのをよく覚えています。

今考えればその医師も、専門家としても人としてもどうなんでしょう?説明不足だし、冷たくないですか?医者ってそんなもんか…。

 

血小板が減少するとどうなるの?

血小板は、血を固める役割をしています。血小板が少ないという事は、出産時に大量出血の可能性があるという事になります。

正常値は20万とか25万とかですが、これが10万以下くらいになってくると個人の産科では出産させてもらえません。血小板輸血ができる病院で出産することになります。

日常生活での具体的な症状としては、鼻血が出たり、紫斑が出たりします。具体的な症状が出るかどうかは人によります。7~8万でも症状が出る人もいると思います。

私の場合は、最低値が1.2万でした。さすがに最低値あたりの時は鼻血や紫斑が出ましたが、5万とか3万あたりでは何の症状もありませんでした。具合が悪くなったこともありません。

・妊娠で血小板が減少する原因・治療法

血小板が減少する原因はわかっていません。

私の場合は、
「自分の体の中で血小板を作っているのだけど、自分の体の中で血小板を攻撃してしまう」
とのことでした。何故自分の体の中で血小板を攻撃してしまうのかがわからないから、確実な治療法もありませんでした。

血小板が少ないけれども10万とか15万ある人ならば、漢方薬での治療もできるそうです。私の場合は、多くても7万くらいでした。医師に漢方での治療ができるかどうか質問しましたが、
「もう漢方でどうこうなるような数値ではないんです」
と言われました。

 

治療法が無いので、命に関わるほどに減少しないように、2週間に一度血液検査をして経過観察をすることになります。
「7万くらいだと、確かに血小板が少ない状態ではあるけれども治療対象ではない。治療を検討するのは3万以下。」
と医師は言っていました。

ほとんどの妊婦さんが、出産と同時に血小板値が正常値に戻ります。私も1人目の時はそうでした。

血小板が少ない人の妊婦生活

血小板が1万以下とかにならない限り、普通の生活ができます。私の場合、血小板が原因で具合が悪くなったことはありません。とはいえ、血小板が減少する原因がわからないので、妊婦との体調との因果関係も不明なんです。

妊娠中、何となく疲れ気味だなという時は数か所に紫斑が出て、血小板値が下がることが多かったと思います。

最低値の1.2万だったときも、始終鼻血が出ていて、体中紫斑だらけなわけでもありませんでした。朝起きたら鼻血が出た後があったとか、腕の内側に数か所紫斑が出たくらいでした。

普通の妊婦さんと確実に違うのは、妊婦検診と一緒に血液免疫科も受診しなければならないということです。これがとんでもなく負担なんです!

私が通っていた東北大学病院は鬼の様な混み様なので、検診の日は朝8時に家を出て、帰宅は午後3時頃というのが通常のパターンでした。大きいお腹を抱えて・上の子を連れての長い待ち時間はとても辛かったです。

待合室の椅子が空いていないことも普通ですし、飽きてしまう子供を連れて、診療科周辺を人ごみの中ウロウロするのは、本当に辛い…。

妊娠初期の検診って、4週に1回ですよね。でも血小板値の経過を診るための血液検査は2週に1回です。病院に行く回数が、普通の妊婦さんよりは確実に多くなるし、血液検査の費用もかかります。

 

妊娠すると、検診費用の助成券をもらえますよね。血小板値の経過を診るための血液検査費用は、助成対象ではありません。

健康保険適用はされますが、実費です。血液免疫科の医師が指定する検査項目にもよりますが、毎回3~5千円が飛んでいきます。

何の症状も無いのに、病院に頻繁に通って長時間拘束され、しかも数千円が飛んでいくって、結構辛いです…。

 

血液検査の費用が助成されるためには、『特発性血小板減少性紫斑病』という病気の難病指定を受ける必要があります。難病指定を受けると、血小板減少症に対する医療費は、上限月1万円となります。

私は2人目を出産後にこの難病指定を受けました。難病指定を受けるにあたって、脊髄液の採取が必要です。脊髄液の採取は、妊娠経過に悪影響の可能性があるという事で、進んで行う医師はいません。

 

血小板が少ない人の出産

先述した通り、希望の病院で出産することはできません。出産時に大量出血する可能性があるので、血小板輸血をできる病院での出産となります。

3人産んでわかったのは、東北大学病院では血小板値が5万あれば自然分娩はできるけど、産科としては7万くらいでの自然分娩が望ましいと考えているということです。

出産は、自然な陣痛を待たず、陣痛促進剤を使っての管理分娩でした。正期産が37週ですよね。胎児が十分に成熟するのは38週だそうです。だから、私は3人とも38週での出産です。

自然な陣痛を待って、それがもし休日の夜間だったら!?

大量出血した場合に対応できる産科の体制が整っていない・血小板輸血も取り寄せられない・赤ちゃんに異常があった場合に対応できる小児科の体制が整っていないという可能性があるので、全ての体制が整っている時間に分娩できるように管理されます

 

1人目の時は、妊娠中の血小板値5~7万が平均値だったので、管理出産日の前日に入院し、子宮口を広げる処置をしました。

翌日に陣痛促進剤を使って陣痛誘発したものの、子宮口がなかなか開かず…。再度子宮口を広げる処置をし、次の日に陣痛促進剤を使って再び陣痛誘発をしての出産でした。

2人目の時は、妊娠初期から出産直前までの血小板値が3~5万と低目だったので、早めに入院しました。目的は、ガンマグロブリンという点滴をし、血小板値を7万くらいまで上げる事です。

点滴をしたり取ったりして半月程入院しましたが、結局血小板値は上がらず、血小板輸血をしながらの出産でした。

ちなみに…

1人目の妊娠中に血小板が減少したという経過を持っていると、2人目以降も個人の病院で出産することはできません。

私は東北大学病院の産科医の対応がどうしても好きになれず、せめて検診だけでも個人医院に出産直前まで通いたいと希望を言いましたが、東北大学病院の産科医に冷たく言われました。
「別にうちはそれでもいいんだけど、受け入れてくれる病院なんて無いよ。」

妊娠経過に異常があった妊婦を受け入れるのは、個人の病院にとってすごくリスキーなことなのでしょう。赤ちゃんのことを考えると、より安全な体制での妊娠・出産が良いということなのだと思います。

・・・がっ!もうちょっと言い方とかないのかね…。人として…。

3人それぞれの経過

1人目の出産

妊娠20週くらいの時に、血小板値が6万程になり、希望していた病院から東北大学病院に転院しました。妊娠前に、健康診断などで「血小板値が少ない」と指摘されたことはありません。
先述した通り、6万くらいだと普通の人よりは少ないけど治療対象ではないとのことでした。それから出産まで、数値は6万前後で推移しました。出産当日の血小板値は7万程で、出血は少な目でした。

出産後5日目に採血をしたら血小板値が15万程になっていて、そのまま血液科は卒業しました。産後体調を崩したときは、一応血液検査をしてもらっていましたが、血小板値は20万くらいはありました。

2人目の出産

妊娠検査は個人の病院に行きました。出産は東北大学病院でするということはわかっていたので、産科が無くてあまり混雑していない婦人科に行き、なるべく長くその病院で検診を受けたいという希望でした。

でも妊娠9週目で血小板値が3.5万 … 。すぐに大学病院送りです。妊娠中ずっと3万前後だったので、自然分娩できる数値には足りません。

血小板値を上げる為に、ガンマグロブリンを点滴しました。目標は7万です。
ガンマグロブリンの点滴は、一日3時間ほどだったと思います。安静が必要な状態というわけではないので、一日が超長いです。長男と離れて暮らすのが初めてだったので、とても辛かったです。

 

当時病院が混んでいて、分娩室の隣の陣痛室に半月ほど入院しました。医師がガンマグロブリンを使えばすぐに血小板値が上がると思ったのかもしれません。また、生期産間近の経産婦だったので、いつ陣痛が来てもいいようにとの配慮だったのかもしれません。

これがまた結構きつかったんです!陣痛室って、今にも生まれそうな人が分娩室に行くまでの、一時待機部屋です。3日と同じ人はいませんし、陣痛の苦しみとか、隣の分娩室から漏れてくる叫び声とかで気の休まる時がありません。

 

半月ほど入院してガンマグロブリンを試しましたが、結局7万には届きませんでした。

出産前日に子宮口を広げる処置をしました。出産当日は血小板値は5万程でした。陣痛促進剤と血小板輸血の点滴をしながら問題なく出産しました。出血は少な目でした。

1人目と同じく出産後は血小板値が上がるかと思っていたのですが、赤ちゃんの1ヶ月検診の際に自分の採血もしたところ、数値が1.2万に激減していました。
「今らか入院か、一日置きの通院をするように」
と言われ、一日置きの通院を選びました。
その日から薬を服用することになり、母乳育児を終了するように言われました。それと、これからの治療に備えて、難病指定の申請をするために脊髄液を採取したりetc…。その日は家に帰れたのが夜の8時頃。大変な一日でした。

母乳育児ストップということで、翌日すぐにおっぱいケア専門の助産師さんのところに行き、何回かに分けておっぱいを絞り切ってもらいました。一人目の時に母乳育児が大好きだったので、辛かったです。
血小板値を上げるための薬には副作用があります。私は顔が満月のように丸くなって、体重も落ちませんでした。夫の親戚から
「太ったね。まだお腹に赤ちゃんがいるみたい」
と言われる度に落ち込んでいました。

3人目の出産

薬の効果で少しずつ血小板値が回復していたのですが、すぐに3人目を妊娠しました。そして血小板値が下がり、薬で調整しての妊婦生活でした。

38週になる前日に入院した時は血小板値は7万を少し切るくらい。ガンマグロブリンは使わず、血小板輸血をして出産することになりました。子宮口を広げる処置をしました。

出産当日、陣痛促進剤を使い始めたら分娩がどんどん進み、血小板が届く前に生まれてしまったので、出産後に輸血をしました。出血は少な目でした。

 

輸血しても血小板値が上がるのは一時的なんです。輸血をするとエイズ感染などのリスクがありますよね。だから輸血したくないと言ったのですが、”出産後に血小板値が下がる人もいるから”ということで輸血しました。

まあ、病院としては取り寄せた血小板を返すわけにもいかないし、輸血しないと費用が病院持ちになりますもんね。しょうがないのか?

まとめ

血小板値の数値を見ながら少しずつ薬を減らし、副作用が無くなりました。始めは10錠だった薬が、産後7ヶ月で0.5錠となりました。そして1年程で薬を卒業することができました。

薬を減らして血小板値が下がればまたちょっと薬を増やしてという風に調整しつつ、自力で血小板値が十分な数値に保てるところを探る感じの一年でした。

 

妊娠してから「血小板が少ない」と急に言われても意味がわからないという方が大半だと思います。深刻なのかどうかもわからないのではないでしょうか?この記事がお役に立てることを願います。

つわりや妊婦生活について詳しい情報をご紹介しています。
【つわりの症状や妊婦生活について】納得!の詳しい情報まとめ

かちゃまし!毎日を更新中です。一人で子育てを頑張るママに見て頂けると幸いです!
かちゃまし!毎日 我が家の子育てを毎日更新中!一覧

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ゆか より:

    初めての妊娠でつわりもなく、今まで順調にきたのですが、急に血小板の数値が2.1万と言われました。しかし、症状が全くなく、大きい病院での検査も再来週ということでしたが、不安でいろいろ調べていました。調べれば調べるほど、不安になり、赤ちゃんは産めるのかなと心配していましたが、こちらの記事を読ませて頂き、少しホッとしています。辛い経験をこうやって公開して下さり、救われる人もたくさんいることと思います!ありがとうございます!
    一つお伺いしたいのですが、費用がかかることも心配で…保険というのは適用になるのでしょうか?何か保険に入っていましたか?今からでも急いで入った方がいいのかな〜とも思っています。

    1. Ms.C より:

      ゆか様

      数あるサイトの中からこのサイトをご覧頂き、ありがとうございます!
      そしてコメントを下さり、本当にありがとうございました。

      返信が遅くなり、大変申し訳ございませんでした!

      私もゆか様と同じように初めての妊娠で血小板の数値が下がりました。とても不安ですよね。
      再検査まで気が気でないお気持ち、心から共感致します。

      早速、費用についてです。
      私の場合は第一子妊娠時に血小板の数値が下がった時は、診療や検査は保険適用内でした。
      それでも負担は大きかったです。
      妊婦検診については助成券が使えますが、血小板の検査と診療代は保険適用内で自己負担でした。常に1万円はお財布にいれていました。
      ただ、私の場合はB型肝炎のウィルスを体内に持っているという事情もあり、産科・血液科・内科の3科を受診する必要だったので、内科分の費用で1万円近くかかっていたのかもしれません。

      保険についてですが、独身時代から入っていました。もしゆか様が保険に入っていないのであれば、入った方がいいかもしれません。血小板減少症という病名が明らかになってからだと保険に加入できない事もありますので、再来週の検査までに入ることも検討してみてはどうかなと思います。保険のプロでも医療のプロでもないのですが、個人的にはそう思います。

      ただ、血小板減少症という病名がついただけでは出産費用を保険会社に請求しても保険はおりないんです。
      私の病院は血小板減少症の場合は出産日を決めて、陣痛促進剤を使って出産します。陣痛促進剤を使う前に幾つかの処置が必要です。
      第一子の時は決められた出産日の前日前に入院しました。そして処置をして促進剤を使って出産するまでに2日間かかりました。保険会社に相談したのですが、出産前の2日間に対しても、出産後の入院期間に対しても保険はおりませんでした。
      第二子の時は医師の方針が変わっていて、出産の前に血小板の数値を上げるための薬を点滴し続けました。数値は上がらず、2週間程入院し続けました。数値が上がらないので、血小板輸血をしながら出産しました。保険会社に相談すると、入院の全期間分の保険がおりました。

      血小板減少症の妊婦の出産については、担当医師の考え方で全然違います。しかも、医師は数ヶ月先の出産の事まで親身に考えてくれませんし、どうなりますか?と相談しても、出産時に血小板が低いと限らない状況では詳しく説明もしてくれません(私の病院だけかもしれませんが、大きい病院だとその可能性は高いと思います)。もし私の第二子の時のように血小板減少症の為にダラダラ入院することになったら、保険はとても助かります。

      何か不安なことが起きたら、またいつでもご連絡下さい。

      ひとまず大きい病院で再検査するまでは怪我をしたりしないように気を付けて下さいね。つわりが無いと普段通りに動いてしまいますが、妊娠中は貧血も起こりやすいですし、貧血で転んでけがをしたりしたら大変です。

      妊婦さんからコメントを頂けてとても嬉しかったし、ゆか様とゆか様の赤ちゃんが幸せに過ごすことを心から願っております。

      1. Ms.C より:

        ゆか様

        間違いがありました。「第一子の時は決められた出産日の前日前」と書きましたが、「前日」の間違いです。

        そして書き忘れました。
        第一子の出産時の入院費用ですが、出産の助成金43万円を利用して、さらに手出しで15万円程だったと記憶しております。
        第二子の出産時は保険がおりたので手出しはありませんでした。
        第三子の時は血小板減少症の難病指定を受けていて、患者の負担額は月1万円までと決まっていますので、手出しは1万円ほどでした。

        生命保険などの保険が使えなくても、ゆか様ご自身や旦那様の社会保険で高額医療費制度を利用すれば、手出しが多くなっても負担が少し軽減されます。
        それでも妊娠・出産は何が起きるか分かりませんので、やっぱり私個人としては保険に加入することを検討してみてはどうかなと思います。

        あと、妊娠・出産の費用は医療費控除が使えます。でも、控除される金額なんて微々たるものです。

        とても長くなってしまいました。すみません。
        ではまた何か私で分かりそうなことがあればいつでもご連絡下さい。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください