【顔か性格か?】で結婚相手を決めないで。どちらも間違い!

恋愛相手の「顔と性格どちらを重視するか?」という話題は、女子が集まれば必ず語られるゴールデントークです。

恋愛を楽しみ、結婚も2回目の私Ms.Cは、過去に顔を重視してみたり・性格を重視してみたりして、良いことも悪いこともありました。そして幸せを掴むパートナーの選び方は、たった一つだという事がわかりました。

実体験を交えながらお話しします。

 

 

【顔か性格か?】どちらでもなくスペックが重要

その二択に答えが無いのならば、何なのか?・・・答えはスペックです。

何が出来て、何を持っているか?生き抜いていく力の強さ、それがスペックです。

具体的にいくつかあげてみましょう

  • 面白い男性
    話していて、とにかく笑える男性は魅力的です。人を笑わせるという事は一種の能力です。頭の回転が良くないと笑いを取ることはできないし、一回笑いを取ったからといって同じ話題を何回も出されても困ります。いつ会っても面白いということは、知識が豊富であることの証拠でもあります。
  • 美味しいお店を知ってる
    これはかなり重要です。お互いに食に興味が無いのであれば関係無いのですが、大概の女性は食べることが大好きです。デートにオシャレして出掛けても、ファミレスかファストフードでの食事では、千年の恋も冷めてしまいます。
  • 楽しい遊びを提案してくれる
    お互い提案し合うのがベストです。更に相手に目からウロコの遊び方を教えてもらったら、楽しい時間がもっと増えます。

知恵があり、パワフルで興味の範囲も広い。色々な事を攻略しているスペックの高い男性が、顔が良いことが売りの男性よりも・性格が良いことが売りの男性よりも、一番魅力的です。

スペックの高い男性は何故か全体的に格好いい

高スペックの男性は、格好良くて安定した収入を得ていることが多いです。

自分が楽しめる材料を沢山持っていることは、自身となって見た目にも表れますし、そもそも人として魅力的なので、企業からも必要とされて安定的な収入を得ることができるのは当たり前ですね。

一目ぼれからの恋

一目見ただけで体の芯までビビっとくること、ありますよね。一目惚れです。これを冷静に言うと、「顔で選んでいる」という事になります。

Ms.Cも、がっちりこの経験がありますよ。一回目の結婚相手を選んだ時です。この彼とは、2年付き合って結婚し、4年で離婚しました。

彼は5歳年上で、初めて会ったのは高校生の時。一目見た時にあまりにもビビっと来すぎて、憧れの対象でした。
「これ以上格好良い人はいない…。」
と田舎の高校生Ms.Cは思ってしまいました。都会育ちの大学生は、田舎の高校生には眩しすぎました。

Ms.Cの高校生時代は、コギャル全盛期。コギャル…今となっては死後ですね。この言葉すら知らない人も多いのでは…?とにかく女性高生がもてはやされた時代でした。

女性高生というだけで、どこに行ってもちょっと特別扱いされたものです。ライブ会場で彼や彼の友達と知り合い、仲良くなりました。

当時彼氏がいた私は、彼に憧れ以上の気持ちは持たずただキラキラと見ていただけなのですが、私が失恋したことをきっかけに、何故か彼と付き合う事になりました。

失恋して落ち込みすぎて引きこもり、誰とも連絡を取らなかったので、彼としてみれば「急に消えた」感が気になり、恋愛感情になったようです。

私の方といえば、憧れていた人と付き合うのに恋愛感情はいりません。若かったし、とにかく憧れの人が自分のものになったという喜びでご飯が食べれる状態です。

お付き合いは順調に進み、2年が経過して結婚することになりました。ここまでは憧れで突っ走っています。

ところが結婚すると女は、「この人と子供を育てる時に、家庭生活はどうなるのだろう?」という目線でパートナーを見始めます。すると、嫌なところが目につき始めました。

食事のマナーや、お酒の飲み方、お金の使い方。今考えると、結婚する前後で彼が変わったわけでは無いので、ただ単に私が「恋は盲目」状態で走って来て、相手の嫌なところを見ていなかったのだと思います。

彼が転職を繰り返す度に家計が苦しくなり、何もかも嫌になって離婚しました。本当にわがままで稚拙な結婚で、離婚でした。

ただ単に顔で選んだだけでは、結婚して幸せになることはできません。ご飯も食べれません。

好きかどうか判断する時の材料【性格】

性格が良いかどうかというのは、難しい問題です。性格が良いからと言って上手に生きれているとは限らないからです。

「良い人なんだけど、その性格の良さで損してるよね~」
なんてこともありますよね。

友達の借金の保証人になって、借金を被ることになり…というドラマがあったりしますが、そんな感じの人です。

良い人と優柔不断が紙一重の場合もあります。物事を判断するまでに時間がかかる上に、結局結論がはっきりしなかったりして、
「いい人なんだけど、イライラするんだよね」
なんて言われたりもします。

「性格がいいから好きになった」という場合もあるかと思いますが、ほとんどは
「この人のことが本当に好きなんだろうか?」
と思った時に、
「まあ、性格も良いし…。」
というぼやっとした好材料にはなるという感じではないでしょうか?

特に恋愛では、性格が良いというだけではなく、決断力があることや、物事を前に推し進めるパワーを感じたいところです。

結婚相手を選ぶ時は貪欲に

女は貪欲です。貪欲でなければいけません。何故かというと、女には守ってもらわなければいけない時期があるからです。

それは出産時。出産時は、どんなに強い女性でも自分と自分の子供を完璧に守ることはできません。その時に必要なのがパートナーです。

このパートナーが強力な力を持っていた方がいいということは、言うまでもありません。

とイケメンな顔で言われても、

と優しく言われても、何の足しにもなりません。陣痛の最中に優しく手を握られたところで、邪魔なだけです。

具合が悪い時にはそれを察して先手を打ってくれる能力や、安心して良い環境で出産できる生活レベルを求めて当然です。

貪欲であるということは、女が生きて子孫を残していくための本能です。

高スペックのパートナーを結婚するたった一つの方法

高スペックであると判断できる力を身につけるために、修行の旅に出る必要はありません。

高スペックのパートナーと結婚するためには、自分自身が謙虚になって下さい

自分がどんな人にでもふさわしくあろうという謙虚な気持ちで日常生活を送り、芸術に触れるなどして感性を磨くことで、自然と高スペックの男性に出会って惹かれ合うことができます。

「な~んだ、そんなオチか。」
と侮るなかれ!これこそがあなたの人生を変えるたった一つのマインドです。

謙虚な人は美しい。何故なら自分を磨き続けていて、洗練されていてもなお、謙虚だからです。今よりもっと自分を磨く必要があると常に思っています。

自分を磨きたいと思っていると、色々な事に興味を持ち、人の話を素直に聞くようになります。魅力的ですよね。誰からも興味を持たれる、誰からも選ばれる素敵な女性だと思います。

最高なのは、顔も性格も良くて高スペックの男性。そんなの居ないと思ったら大間違いです。必ずいます!

せっかく出会っても、謙虚な心が無いばかりに、相手がどんなに素敵かを気付くことができない。または相手に選ばれないというのが一番悲しいことです。

謙虚な心で自分を洗練し続け、幸せをつかみましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください