体が酸化する原因は?サビずに輝き続ける女性の秘訣

最近自分の老化を感じる、私Ms.C・38歳。法令線が気になり始め、膝が痛いです。

5歳・2歳・1歳の子供を持つMs.Cです。子育て以外の事をする余裕が無いので、自分のケアを完全に怠っています。

法令線は、紫外線対策をろくにせずに一日中子供達と一緒に外にいることが大きな原因だろうし、膝の痛みはただでさえコラーゲンが減っているであろう関節に、一日中おんぶ&抱っこで負荷をかけていることが原因だと思います。

「このままじゃマズい!今のうちに軌道修正し、輝く女性であり続けたい!」と強く思う今日この頃。

『老化=体が酸化する』ということです。何故体は酸化するのか?輝き続けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

先ずは『体が酸化する』具体的イメージです。

怖すぎる…。ご覧頂いている通り、リンゴです。切って放置しておくと、茶色く変色しますよね。実際に触ると、水分が抜けて瑞々しさを失っています。鉄がサビていくのも同じ現象です。

『体が酸化する=サビる』…。元気に動けてさえいれば、日常的に自分の”生”に対して疑問を持つことは少ないですが、具体的画像を見て言葉にすると震えてきます。

シャワーの水をバッチバチはじいていた、瑞々しいあの頃にはもう戻れません。生まれ落ちたその時から、時間の経過と共に『老化=酸化=サビる』のは当然の事です。

それに抗いたいと強く考えるのも、女性として当然のことです。そして実際に抗う事はできます!

体が酸化する原因を知り、対策を探っていきましょう。

体が老化=酸化=サビる原因

  1. 生きるために酸素を吸う
  2. 酸素は体内で栄養素と結びついてエネルギーになるものと使われないものに分けられる
  3. 体の中で使われない酸素が酸化する
  4. 酸化後に体内で化学変化を起こし、活性酸素となる
  5. 体が『老化=酸化=サビ』する
  6. 『老化=酸化=サビ』が広がっていく

自転車の鉄部分のサビを想像して下さい。一度サビるとどんどん広がりますよね。同じように私達の体でも『老化=酸化=サビ』がどんどん広がっていくんです。

活性酸素の発生を止めることはできるか?

答えは、できません。活性酸素がなるべく発生しないようにすることが私達に与えられた命題です!

私達の体には活性酸素に抵抗する『抗酸化酵素』という物質を生成する機能が備わっていますが、その機能は20歳前後を機に衰えていきます。40歳頃には急降下します。

活性酸素が過剰に発生するとどうなるのか?

具体的な症状

はぁ、恐ろしい・・・。

 

活性酸素の発生原因

活性酸素の発生原因は生活に密着してます。

  • タバコ
  • 飲酒
  • 添加物の摂取
  • 大気汚染
  • ストレス
  • 紫外線   etc…

タバコを自分が吸わなくても、副流煙を100%阻止するのは不可能です。

添加物を絶対に摂取しないというのも難しいことです。口に入るもの全てに添加物が含まれていないかどうかをチェックする方がストレスになりそうです。

ストレスは気の持ちようなのでしょうが、全部を排除することは難しいです。

紫外線や大気汚染を気にし始めたら、この地球上で住む場所はありません。

活性酸素を100%取り除くことはできません。できないけれど、健康に美しく生き続けるためには抗う!活性酸素に抗う為には、『抗酸化作用』を知る必要があります。

抗酸化作用

抗酸化作用には2種類あります。

  • 『抗酸化酵素』体内で生成
  • 『抗酸化物質』外部から取り入れる

抗酸化酵素を積極的に生成するためには

前述の通り、活性酸素に対抗してくれる抗酸化酵素ですが、健康な人であっても20歳前後から弱まり、40歳頃にはさらに弱まります。

抗酸化酵素の生成を積極的に助けるような食生活が必要です。

「抗酸化酵素」の生成にはたんぱく質やミネラルが大きな力を発揮します。

抗酸化物質を取り入れるには

抗酸化酵素の生成が追い付かず、活性酸素が過剰になることがあります。その場合は、外部から『抗酸化物質』を取り入れる必要があります。

抗酸化物質が含まれるサプリ

  • “コエンザイムQ10”
  • “αリポ酸”は

抗酸化物質が含まれる食品成分

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロチン
  • ポリフェノール
  • カテキン
  • リコピン
  • イソフラボン  etc…etc…

うわっ!?果てしなくないですか?一つずつ考えて摂取しようとしたらノイローゼになります。

簡単に摂取する方法はただ一つ。バランス良く食事をしましょう!

スナック菓子やカップラーメン等の食品は避けて、旬の新鮮な食品を取り入れた食事をバランス良く摂取することが大切です。

食品は旬で新鮮な物を選ぶ

なるべく瑞々しくて本来の味・良い発色の食品を選びましょう。本来の味や、良い発色にこそ「抗酸化物質」が含まれています。

まとめ

女性がサビずに健康で美しく輝き続けるためには、

旬の新鮮な食品を取り入れた食事をバランス良く摂る。

これが結論でした。肌や体に良い食品や成分を調べていくと、結果はいつもここに落ち着きます。

メディアで「体の酸化を抑える食品は〇〇です」と聞いても、それだけに特化して摂取しないようにしましょう。

大量摂取で高い効果が得られる食品…。多分無いです。ほとんどの場合は大量に摂取しても余分な栄養分は体外に排出されたり、逆に弊害が出たりします。

旬の新鮮な食品を取り入れたバランスの良い食事を摂ることを忘れないでくださいね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください