【イライラの解消方法】生活に取り入れたい色や品物をご紹介!

「最近イライラする!」
というお笑いネタがありましたよね。

すご~くわかる今日この頃…。
「自分って、こんなにもイライラする人間だっけ?」
「幸せなはずなのに、何でイライラするんだろう?」
最近いつも思います。

もちろん体の中で何かが起こっているのですが、あることをきっかけに、身の回りの品物も見直してみようと思うようになりました。

 


【イライラが止まらない】私の原因

Ms.Cの家には、幼い子供が3人います。子供のせいにするのもなんですが…。本当に片付きません。

朝から晩まで、子供が散らかした玩具やら、ひたすら出された引き出しの中身やらを、子供の後を追っかけながら片づけている次第です。

ちょっとした棚の上や箱の中は、時々見直すものの、すぐに”しっちゃかめっちゃか”になってしまいます。これを見るたびにイライラするんですよね。

ちょっと片づければ済むことだけど、一日の片付けに費やす時間を増やしたくない・今は目を逸らしたいという願望に負けて、いつまでも片付かないのがまた、イライラの発生原因になります。

せっかく解消されかけたイライラが再燃したエピソード

気晴らしに文房具屋さんに行きました。日本の文房具ってすごいですよね。進化しています!思わずペンを買ってしまいました。

好きな色でペン本体を選び、中に入れるペンの種類が選べる商品がありました。Ms.Cは、”滑らかな書き心地のインクジェット3色と&太目の芯のシャープペン”の4役を選んで買いました。最高のお気に入り品です。

そして先日、黒のインクが切れたので、替え芯を入れようとしました。すると、替え芯が合わない…!痛恨のミス!!!

しょうがないので、久しぶりに夫がどこからか持ってきた、”どこの馬の骨とも知れない”ペンを使うことにしました。そしたら最悪です。持ち心地が違うだけでも今まで書いていたのと同じようには字を書けません。

書き心地も全然滑らかじゃない!若干ゴリゴリとした書き心地な上に、書いているとペン先に溜まる黒いカス…。

普段太めの芯を愛用(0.7)しているMs.C。このペンは、芯が細いタイプでした。今までは大きめの文字を悠々と書いていたのですが、芯が細いボールペンで大きい文字を書こうとすると疲れる疲れる!

「文字を小さくすれば書きやすくなるかも」
と考えて文字を小さくしたり、途中でペン先に溜まった黒いカスを取ったしていました。

ふと気づくと、脳みそがガチガチ。身体もガチガチになって、猫背になり、肩に力を入れてメモしていました。


 

そこで、身の回りの品物ってこんなにも気持ちと体に影響するのだと気づきました。

イライラの原因は、日常生活に潜んでいる!

文房具を見直す

日本の文房具って、本当にすごいんです。使う人の気持ちになって、本当によく研究された品々ばかりです。

景品などの頂き物だけでも事足りてしまうのですが、度文房具屋さんに足を運んでみて下さい。お気に入りを見つけて愛用してみて下さい。

気に入ったものを使っていると、なぜだか心がウキウキすることってありますよね。


自分専用のカップを見直す

家庭にも、職場にも、自分専用のカップってありますよね。茶渋が沈着して、底や側面がくすんでいませんか?

皆さん意外と放置していませんか?放置する理由は、
「ピカピカにしようと思えばすぐにできるから」
じゃありませんか?

メラニンスポンジ等を使えば、3分とかからずピカピカになりますよね。だから今やる気にならない。よ~くわかります!

でも、その沈着したくすみの部分には必ず菌がうごめいています。菌が溶けだした飲み物を飲んでいるな~と、うっすら思っていますよね。

そして、そんなガサツな面を持っている自分に少しイラっとすることがあります。気づいたら、すぐに綺麗にしましょう。Ms.Cもそうします!


できれば、職場では他の人のくすんだカップに気付いたらちょっと磨いておいてあげるくらいの心の余裕があったら素敵ですね。

手帳を見直す

あちこちに考えが散漫して、いつも落ち着かない時・ちょっとしたことを見逃してミスを連発してしまう時・考えがブレてしまう時。

何もかもうまく回らなくなって、イライラ全開の日々が始まります。

あちこちにメモをし、何の情報がどこにあるのかわからない・覚えておこうと思って忘れてしまうって、あるあるですよね!

「一度落ち着いて、自分の周りの事柄全てを整理しよう」
と思って下さい。

情報は一つにまとめ、
「そこさえ見れば、全てがわかる」
という安心感は、イライラを収めてくれます。

手帳の使い方は人それぞれですが、使い方も選び方もイマイチわからないという方は、情報を一つにまとめるという観点から選びましょう。

タイムスケジュール・日毎・週毎・月毎・年間など、沢山のページがある必要はありません。

基本は週毎・月毎・メモのスペースがある手帳で十分です。

手帳の使い方

  • 年間に必ず起きる行事は年の初めに月毎のスペースに書き込んでしまう。
  • 月末が近くなったら、翌月の行事をチェックする。
  • 来年に持ち越すべき事柄があれば、12月のページに書き込む。
  • 普段使うのは、週ごとのスペース。やるべきこと・やりたいこと・アイディア等をどんどん書き込む
  • 終わったことは横線で消し、終わらなかったことは次週ページの先頭に繰り越して書いていく
週毎ページに、頭の中で起こったことを全て書き起こしていくと、余計なことが頭に残らずスッキリします。この手帳さえ見れば大丈夫という安心感で、余計なイライラが起こりません。

「あれもこれも覚えておける」
という自分への過信は捨てて、手帳に思う存分頼りましょう。


 

色が気持ちに与える影響を利用しましょう

色と感情には密接な関りがあります。脳に一番近い”目”から飛び込んでくるものなので、脳の働きにダイレクトに影響します。

好きな色をいつも目に入る場所に配置することは、普段の気分を良くしたり、イライラを起こさせないようにすることに密接に影響しています。

色が気持ちにどのように影響するか、何色か例をあげてみましょう。

「青」

興奮を抑えてくれて、安心する色です。沈静効果があり、集中力を高めてくれます。

ただ、注意が必要なのは、青を見ると体温が下がるということです。冷え性の人には注意が必要ですね。大きい面積で使わないようにした方がいいでしょう。

「ベージュ系」

外部から受けた緊張をほぐしてくれます。心底ホッとできる色です。

白に近いほど、光の反射により目の疲れを起こしますので注意してください。

「オレンジ」

暖色系のオレンジは、気分をウキウキさせてくれます。

青系と合わせると、お互いがくすんで見えてしまうので、注意してください。

「赤」

興奮を促す色です。とても強い印象がありますよね。やる気を出したい時に赤を見ると、やる気に瞬発力がつきます!

広い面積で使うと逆に精神の重荷になることも…。使う面積は小さい方がいいでしょう。

「ピンク」

女性ホルモンの分泌を増加させるとも言われています。女性らしさを高めてくれる色です。

この色は、好き嫌いが分かれる色です。多様したいという方もいれば、絶対に嫌だという方もいらっしゃると思います。

オフィスの様な、沢山の人の目につく場所では自分のピンク使いに不快感を感じる人がいないか考慮しましょう。

「黄色」

ウキウキが高まり、気持が躍る色です。脳をクリアにしてくれます。

青のような、沈静効果のある色とバランス良く合わせ、相互の色の良い影響を受けましょう。

気持が高揚する方向への影響が非常に大きいので、あまりに見すぎるとヒステリックにつながることがあります。

「緑」

自然に近い色です。緑の影響を受けると脳が安心し、静かな気分になります。

ただし、くすんだ緑は、秋が終わるころの落ち葉と一緒で、老けた印象を与えます。身に着けるものに緑を使う時は注意してください。

「紫」

とても強い印象なのは、青と赤を混ぜた色だからです。どちらも強いエネルギーを持った色ですよね。

精神的に安定していて強い意志を持っている時には、この二つのエネルギーの影響を存分に受け、強い自分に気品の華を添えてくれます。

精神的に不安定な時には、強い影響が、精神の負担になるので注意が必要です。

 

色は、効果的に使って身近に配置すると、見るだけで気分をリセットしてくれたり楽しくしてくれたりします。

ご自分の好きな色が気分に与えるメリットとデメリットを上手く利用し、違う色とバランス良く組み合わせてみて下さい。

最後に

イライラしない自分になるというのは、おそらく不可能です。

イライラの根本的な原因は、自分が悪い人間だからではありません。こちらの記事に詳しく書かれています。【イライラの原因はホルモンのせい】と知ってスッキリ!

身の回りを整えて、愛用品を近くに置くことで、イライラが起こらないように自分自身に仕向けることはできます。愛着のあるものに囲まれていると、生きている充実感が湧いてきますよね。

愛用品になるものを選ぶショッピングも、楽しい時間です。それ自体、ストレス解消になったりします。

【イライラの原因はホルモンのせい】と知ってスッキリし、自分の周囲の環境もコントロールできるようになれば、私達って、イライラマスターですね!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください