ハイローチェアの必要性を解説!月齢に合わせた使い方&選び方

私には3人の子供がいます。結論から言うと、ハイローチェアはとても役に立ちました。特に、兄弟がいる場合のハイローチェアの必要性を強く感じました。

ハイローチェアは、赤ちゃんの月齢によって役立つ使い方が変わります。どんな風に役立つのかを、実体験を交えて詳しくお話しします。

また、ハイローチェアの値段を見た時に下限額と上限額の開きがあり過ぎて迷ってしまいますよね。実体験から、ハイローチェアの選び方もお話しします。

 

ハイローチェアの必要?なぜ必要?

ハイローチェアは必要です!

1人目

特にフローリングでスリッパを履いて生活しているご家庭では、新生児期~寝返りをするまでに役立ちます。

 なぜ必要?

  • 赤ちゃんを床に置いておけない生活スタイルだから。
  • ベビーベットに赤ちゃんをずっと置いておくことはできません。赤ちゃんも飽きて愚図ります。ベビーベットだけだと、首座り前の赤ちゃんが愚図った時の対処法は抱っこだけになります。これは腱鞘炎の原因にもなります。
  • 赤ちゃんもママの近くにいると安心して愚図らずに過ごしてくれます。

ハイローチェアは簡単に移動することができます。家事で忙しいママの行動に合わせて、赤ちゃんを側に置いておくことができます。

二人目以降

兄弟の動きから赤ちゃんを守ることができます。

なぜ必要?

特に年の近い兄弟がいる場合は、必要性が高まります。子供は自分の事に夢中で、周囲の事まで気を配れません。

赤ちゃんが近くにいるとしても、バタバタと走り回り・高い所から飛び降り・おもちゃの音を立てて遊び・物を投げます

ハイローチェアに赤ちゃんを乗せて、必要に応じて移動したり・高さを調節すれば、赤ちゃんを守ることができます

私はハイローチェアを実際に使って、必要性を強く感じました。3人目がハイローチェアを卒業するまで、本当にお世話になりました。

実際にどんな風にハイローチェアを使うのかをご紹介していきます。ハイローチェアは月齢によって用途が変わります。

ハイローチェアはいつまで必要?月齢に合わせた使い方

0ヶ月~首座りをする3ヶ月頃まで

フラットな状態か、少しリクライニングを起こした状態で寝せておくことができます。愚図り始めにハイローチェアを揺らすと愚図りが止まったり寝てくれたりするので便利です。

首座り前の赤ちゃんは、泣いた時におんぶをすることはできません。とにかく抱っこ・抱っこ・抱っこ…!これは、腱鞘炎の原因にもなりますし、両手が開かずに他のことを何もできなくて困る場面は多々あります。

我が家は、2人目が生まれると、兄弟が激しく赤ちゃん返りをしました。とにかく抱っこしてほしいお兄ちゃん。泣いて愚図る新生児…。カオスです。

ハイローチェアが無ければ、2人目が首座りをするまでの時期を乗り越えることはできませんでした。これは3人目も同様です。

3ヶ月頃~寝返りをする5・6ヶ月頃まで

首座りが完了してから寝返りをする前の赤ちゃんは、寝てばかりの生活からは卒業して、自分の周りの事に興味を持ち始める時期です。興味はあるのに動けないので、とにかく愚図ります

ハイローチェアのリクライニングを起こして座ると周囲の事が良く見えるので、気が紛れてご機嫌で過ごしてくれます。

そのまま疲れて寝てしまっても、リクライニングを倒せばいいだけなのが便利です。

5・6ヶ月頃~1歳頃まで

5・6か月頃になって寝返りするようになったら、ハイローチェアに座らせておくという時期は終わりです。

寝返りができるようになった赤ちゃんは、ひたすら寝返りし続けます。

広い場所に寝せると、寝返りでどこまででも移動していきます。もう寝てばかりの状態ではいなくなります。そんな時にハイローチェアに乗せるとどうなるか?

泣きます

ハイローチェアに体が収まる1歳頃までは、お昼寝・ちょっと寝の時に使用することができます。気を付けなければいけないのは急に起きて動くこと。ローチェアを低くして使用しましょう。

他には、ご飯の時に使えます。ハイローチェアには、テーブルが付属されています。高い位置に固定すれば、ダイニングテーブルに座る家族と同じ高さで食事をすることができます。

1歳頃~

背が伸びてきてハイローチェアには収まらなくなります。”ちょっと寝”に使う事もできません。お食事の時に使う以外の用途はありません。

ハイローチェアの値段

ハイローチェアには、大きく分けて2つの値段の層があります。分かれ目は、ハイローチェアの機能に電動スイングがついているかどうかです。

新品で購入する場合

  • 手動スイング 約15,000円~約30,000円
  • 電動スイング 約40,000円~約70,000円

レンタルする場合

ハイローチェアが大活躍するのは、寝返りするまでの5~6ヶ月間です。また、1ヶ月で借りるよりも6ヶ月で借りる方が割安なので、6ヶ月でレンタルする場合の料金です。

  • 手動スイング 約15,000円
  • 電動スイング 約15,000円~約35,000円

ハイローチェアの選び方

電動スイング付きは必要か?

電動スイング付きのハイローチェアはとても高価です。でも、「本当に役立つのならば使ってみたい」・「せっかくだから良いものを使ってみたい」と考える方もいらっしゃると思います。

私の個人的な意見ですが、電動スイングは必要ありません。理由は、子供それぞれに好きな揺らされ方があり、電動スイング自体の動きがお好みじゃない子もいるからです

資金が豊富なら…

一か月だけ購入予定の電動スイング付きハイローチェアをレンタルし、問題なく使えるようならば購入するといいと思います。

手動スイングでも不足なく使えるか?

答えはYESです。自分で抱っこしなくても揺らして寝せることができるのは、とても便利な機能です。抱っこだと両手が塞がりますが、スイングさせるだけなら片手が開く分、違う事が出来ます。

行儀は悪いですが、足で揺らせば両手が開きます。足で赤ちゃんのお好みの揺らし具合で揺らし、料理をしたりすることも可能です。

最後は結局抱っこorおんぶ

スイングさせても泣く場合は、結局抱っこorおんぶします。それは電動でも手動でも同じ事。無理して電動を購入しようと考えている方へは、手動でも十分だという事をお伝えしたいです。

アップリカorコンビどちらを選ぶか?

Ms.C個人的にはコンビをおススメします。理由は足がフラットになるから。

アップリカは、足の部分がリクライニングと連動しません。フラットにすると、足が浮いた状態になります。

コンビは連動するので、フラットにした時に足が落ち着きます。

折りたためるハイローチェア

赤ちゃん用品全般に言えることですが、一時期しか使わないものなのに、使わなくなった時の保存が不便すぎる!

大きすぎるんですよね。そんな中で、折りたためるハイローチェアがあるのをご存知ですか?PegPeregoのTATAMIA(タタミア)という商品です。

PegPeregoはベビーカーで有名なイタリアのメーカです。我が家でもPegPeregoのベビーカーを使っていますが、足回りの動作がとても良く、気に入って使っています。

TATAMIAは、アップリカやコンビ等と同様の機能+電動スイング機能もついて43,200円で販売されています。電動スイング機能付きのハイローチェアとしては安いですね。しかも折りたためる!なると、魅力的ですね~。

こちらのショップで販売されています。気になる方はチェックしてみて下さい。

バウンサーについて

ハイローチェアに似ていて・しかも安いということで、ハイローチェアではなくバウンサーの購入を検討されている方もいらっしゃると思います。

実際、私も1人目が生まれてすぐにバウンサーを購入しました。結論としては、バウンサーはほぼ使いませんでした。理由は…

高さ調節ができない

兄弟がいると、必ず赤ちゃんにいたずらをします。そんな時に高さ調節ができれば、赤ちゃんを守ることができます。赤ちゃんを高い位置に隔離できるのは、本当に助かりました。

移動が面倒くさい

バウンサーは、赤ちゃんを乗せた状態での移動が難しいです。床をズリズリと移動させるか、バウンサーを持ち上げて移動するかです。

ハイローチェアなら車輪がついていますので、赤ちゃんを乗せたまま簡単に移動することができます

まとめ

ハイローチェアは、とても必要性の高い育児グッズです。

  • 簡単に移動ができる。
  • 高さの調節ができる。
  • スイング機能を使って赤ちゃんをあやし、ママは両手を使って家事をすることができる。

新生児期に近い月齢である程役立ちます。月齢によって用途が変わり、使えるのは最長で3年程です

  • ハイローチェアが大活躍するのは生後5~6か月頃まで
  • 月齢に合わせて用途が変わり、1歳頃からは食事時以外は使えなくなる
  • ハイローチェアを選ぶ時は、高価なものを選ばなくても十分に役立つ

3人の子供を育てた経験から、以上の結論になりました。参考にしてみて下さい。

つわりや妊婦生活について詳しい情報をご紹介しています。
【つわりの症状や妊婦生活について】納得!の詳しい情報まとめ

かちゃまし!毎日を更新中です。一人で子育てを頑張るママに見て頂けると幸いです!
かちゃまし!毎日 我が家の子育てを毎日更新中!一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください