赤ちゃんを迎える~経験者の出産準備を伝授~無駄なくパパッと!

私Ms.Cは保育士の資格を持っています。実際に保育園に勤めて、0歳児クラスを担当した経験もあります。

初産の時、赤ちゃんのお世話をしたことを思い出しながら出産準備をしました。分からないことはほぼありませんでした。私の場合は特殊な例ですよね。

世の中に山ほどある赤ちゃん用品の中から、本当に使えるもの・無駄なものを見分けて、自分なりに出産準備をするのは結構難しい!

保育士であり・自分自身も3人の子供を授かった経験から、無駄のない出産準備を伝授します!

妊娠中に用意しておくべき赤ちゃん用品

オムツ

新生児用のオムツを1パック用意しましょう。1パックで約2週間もちます。まとめ買いはしないでおきましょう。

なぜまとめ買いをしないかというと…。出産祝いでもらう事が多いからです。新生児用オムツを使うのは短期間です。同じサイズのオムツが沢山集まってしまっては無駄になります。

おしり拭き

(1パック80枚入り×8パック)で約800円で販売されています。とりあえずはこれで十分です。2週間~1か月もちます。

おしり拭きは、日常生活にもとても便利です。

ということで、おしりふきは大活躍します。多めに買っておいても損はしません。

ガーゼ

出産準備の段階では、10枚あれば無駄にも不足にもなりません

ガーゼは、顔の汚れや汗の拭き取り等に使います。

特に活躍するのが、暑い季節の授乳時!赤ちゃんの首を腕で支えると、接している部分にものすごく汗をかきます。これは、母乳でもミルクでも同じです。

腕にガーゼを当てて、そこに赤ちゃんの首を乗せるとママも赤ちゃんも不快感なく授乳タイムを過ごせます。また、授乳時に母乳が服に付かないように服に挟めるのも便利です。母乳の汚れは落ちないですから。

おくるみ

「育児の便利アイテムNo.1は?」と聞かれたら、迷わずに「おくるみ」と答えます!

生まれたての赤ちゃんは体をしっかりと固定されると安心しますので、出産してすぐに使い始めることができます。

ガーゼ素材の大判のおくるみ程、役立つアイテムはありません。

  • 新生児の時はおくるみとして大活躍!
  • 暑い季節には、汗の湿気を逃がし・風を通すタオルケットとして大活躍!
  • ベビーカーの日よけとしても大活躍!日差しを直に通さず・風は通す
  • おんぶや抱っこをした時に体をすっぽり包めるので大活躍!

私は、1枚2,000円以内で購入できるエイデン&アネイを愛用していています。ショップによって値段もデザインも様々です。エイデン&アネイの他にもおくるみのブランドは沢山あります。お気に入りを見つけてみて下さい。

参考に↓

【ギフト名入れ可能】エイデンアンドアネイ おくるみ バラ売り 1枚 WHITE LABEL 春 夏 アフガン モスリンコットン アデンアナイス 2枚 3枚 4枚Aden Anais ベビーギフト 出産準備 出産祝い レディース ブランケット 赤ちゃん エイデン&アネイ

価格:1,672円
(2017/5/7 06:37時点)
感想(0件)

洋服

下着や洋服は、各アイテム5枚ずつあれば十分です。

夏生まれ

コンビ肌着+カバーオール等の洋服

家でも外でもこの服装で十分です。エアコンのよく効いた場所に入る時・風が強い時等のために、おくるみを常時持ち歩いて下さい。

冬生まれ

暖かい室内

(短肌着)+(長肌着)+(カバーオール等の洋服)

室内でも肌寒い場合

(短肌着)+(長肌着)+(カバーオール等の洋服)+(靴下)+(カーディガンやベスト)

外出時

(短肌着)+(長肌着)+(カバーオール等の洋服)+(靴下)+(帽子)+(手足が隠れる防寒着)

*帽子と防寒着は1枚ずつあれば十分です。

おしり拭きウォーマー

私Ms.Cには、男の子1人・女の子2人の子供がいます。正直、男の子にはおしり拭きウォーマーの必要性を感じませんでした。

女の子には必須だと思います。ウンチを拭くときに、女の子は中の方まで拭いてあげる場面が多いからです。我が家の娘二人は、冷たいおしり拭きをとても嫌がります。

自分も、急に冷たいもので拭かれることを想像すると嫌ですもんね。

ミトン

『しまむら』や『西松屋』など、安価にベビー用品が揃うお店では100円くらい売っています。

赤ちゃんは爪が伸びるのが早いです。いつの間にか伸びた爪で、自分の顔をひっかいて血が出ていることがあります。我が家の子供達もそうでした。

持っていると意外と使えます。

寝具

赤ちゃん布団を用意するかどうか?

我が家は元々布団生活だったので、赤ちゃん布団を用意しませんでした。全く困りませんでした。

特に新生児の頃は、夜中の授乳回数やオムツ替えの回数も多いです。一緒に寝ていた方が便利でした。

両親の生活スタイルに合わせてOK

両親がベッド生活で赤ちゃんの寝るスペースを確保できないのならば、ベビーベッドがあると便利だし、布団は1人で使いたいという方は赤ちゃん用の布団を用意してOKです。ただ、赤ちゃんはすぐに大きくなります。立派な赤ちゃんサイズの布団を買っても寿命は5~6年。始めから大人用の布団を買い足すことをおススメします。

赤ちゃん枕はいらない

赤ちゃん枕は全く必要ありません。それよりも気にするべきは、寝ている時の吐きこぼしです。

吐きこぼしをする度にシーツを取り換えなくても良いように、タオルを多めに用意し、寝る時には赤ちゃんの体の下に敷いてあげましょう。汚れたら手軽に取り替えることができます。

ハイローチェア

バウンサーとハイローチェアの違い

  • バウンサーは高さ調節ができないが、ハイローチェアは高さが調節できる
  • ハイローチェアは、赤ちゃんを寝せたままリクライニングができる
  • ハイローチェアの方が汚れた時のカバーの取り外しが簡単
  • バウンサーの方が安い

バウンサーやハイローチェアを使う理由

  • 床に赤ちゃんを置いておくと危険
  • 床に赤ちゃんを置くとゴミが気になる
  • フローリングの床に赤ちゃんを置くと冷たそう
  • 抱っこせずに揺らせる

ハイローチェアをおススメします

私は第一子出産時にバウンサーを買いました。ハイローチェアよりも安かったからです。そして、ほぼ使いませんでした。

子供が2人・3人と増えても、バウンサーの出番はありませんでした。バウンサーは高さ調節ができません。赤ちゃんを避難させるには、バウンサーよりもハイローチェアが便利です。

兄弟姉妹が床でおもちゃをカチャカチャと鳴らして遊んでも、赤ちゃんが高い位置にいればあまり気になりません。

ハイローチェアの詳しい選び方や詳しい情報についてはこちら
>>ハイローチェアはいつまで使う?3人のママが使い方や選び方を伝授!

チャイルドシート

チャイルドシートの値段はピンキリです。とても迷うと思います。

絶対に便利な機能は

  • リクライニング
  • 360度回転
  • メッシュなどの湿気を逃がす素材
  • 日よけ

“安物買いの銭失い”をしないように、チャイルドシートについての詳しい情報もチェックしてみて下さい。

ベビーカー

A型とB型がありますが、リクライニング機能がついているA型がおススメです。自分のライフスタイルに合わせて選ぶことも重要です。

ベビーカーの選び方や詳しい情報はこちらです。

抱っこ紐

これも沢山の商品があって迷うところです。

どんなライフスタイルにも合うのは、エルゴです。高価ですが、抱っこ紐は一日に何度も活躍してくれるので、良いものを選んで損はありません。

エルゴやその他の抱っこ紐の選び方や詳しい情報はこちら

入院時に持っていくべき赤ちゃん用品

  • オムツ
    ちょと多めに一日15枚×入院日数
  • おしり拭き
    ちょっと多めに4パック
  • ガーゼ
    10枚
  • おくるみorタオル
  • 赤ちゃんの洋服
    退院する時用
    夏なら(下着+洋服)
    冬は(下着+洋服+靴下+手足の先まで包める上着+帽子)
  • チャイルドシート
    自家用車で帰る場合は、必ず前もって設置しておきましょう。

これらを用意する時の費用や、必要な理由などの詳しい情報はこちら

他にも沢山の赤ちゃん用品がありますが、気になり始めるとキリが無い!
経験者としては、
「実際こんなの使わないでしょ!」
「100円ショップで買えるし!」
とかというような商品も沢山あります。

ひとまず必要なものをあげてみました。参考にしてみて下さい。

つわりや妊婦生活についての情報をご紹介しています。
【つわりの症状や妊婦生活について】納得!の詳しい情報まとめ

かちゃまし!毎日を更新中です。一人で子育てを頑張るママに見て頂けると幸いです!
かちゃまし!毎日 我が家の子育てを毎日更新中!一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください